かつての人気車の凋落の理由は? 価格それとも大型化?

自動車

トヨタ・プリウスがとうとう新車販売ランキングトップ10から転落する時期が間近となってきました。 一時は一極集中で街中でもプリウスだらけでしたが、気がつけばなんだか薄れてきています。 その代わりにN-BOXが目立つのですがね。

流行り廃りは世の常ではあるのですが、過去にも大ヒットして消えていった数々の名車がありますので、この機会に凋落した理由なんてものを考えてみたいと思います。

スバル・レガシーは北米ニーズに合わせた事で日本では・・・・

私的にはこのクルマが接点もあった事から、凋落した車と行って思い浮かぶ1番手になります。

ツーリングワゴン人気をもたらしたかつての人気車レガシーは今ではほぼ見ないクルマになってしまいました。 一時はセダンも含めて多く見ましたし、マフラーを社外に交換をして「ドロンドロン」と走るレガシーに遭遇しない日はない程でした。

しかしスバルの北米でのニーズの高まりにより、モデルチェンジをするごとに大型化をしています。 これはスバルがラインナップを見直した事にもよる事なので、メーカーが意図しているものですので仕方がないのかもしれません。 ただここまで日本では受け入れられないものになるとは予想できたのかは疑問ですが。

景気の悪さもあり日本では新車の販売が伸び悩んでいた事もあって、需要のある市場向けとしたので販売戦略ではあるのですが、その変わりとしてインプレッサーがその役割をバトンタッチしましたが、それなりに売れてはいるもののその代わりとは慣れてはいない印象の方が強いですよね。

それとSUVへの人気が高まり、セダンへの人気が下がっているという流行も国内での人気低迷が拍車をかけているのでしょう。 ツーリングワゴンも下火ですしね。 なので大型化と流行が低迷の理由と考えていいでしょう。

シビックは大型化と高価格 高性能と言ってもここ迄いくと買う気にならない

ホットハッチとか呼ばれていて、手軽な価格にVTECという強烈な高回転エンジンの組み合わせで、とても人気が高かったシビックですが、時代を経るごとにこれも大型化して、いつの間にやら日本からも消えてしまいました。

復活はしたもののコンパクトカーだったボディも今や3ナンバー。これシビックで売る必要があるのかというほどに・・・・・。

さらに価格もびっくりするほどのお値段に。 確かに走行性能の高いクルマを求める層はいるでしょう。 ですが今ではそうしたユーザーの層というのは多いものではありません。 もう車だけが趣味となる対象ではないのです。

特にシビックの場合は走行性能に大きく偏っていますので、通常のユーザーを呼び込めないというデメリットなだけの自動車になってしまっています。 大きな台数を売らなくても問題はないのかもしれませんが、続けていけるだけの台数さえ確保できるのか? は疑問でしかないですね。

という事でシビックは大型化・販売価格・良いのか悪いのか乗り手を選ぶ車なのが人気凋落の原因となるかと思います。

そして軽自動車が好調なだけに登録車の方のホンダの戦略はどうしても迷走しているようにしか見えません。 大きなお世話でしょうがあえて書かせてもらいたい。

ニーズが合わなければ売れるはずがない

結局のところ、日本の多くのユーザーを満足させる魅力を持った車ではなくなった事が要因で結局は1つではなく複数理由が存在するので復活は難しくさせているのでしょう。

3ナンバーに変更になっただけでも、需要に差が出るのが現状です。 幅だけの3ナンバーよく「3.5ナンバー」なんて呼ばれますが、メーカーの人はこれは税金もそこまで上がるわけではないからというのですが、そこまで実際は室内の横幅を求めているのか?が決め手なわけです。

広ければ広いほど良いとなりそうですが、現状はそうではないという事なのでしょう。 昔と違い大家族というのは多くはありません。 それに多く乗るならばレンタカーという考えも、気軽に借りられる土壌も出来ていますから、多少不満というだけで絶対ではないのではないでしょうか?

その税金が上がる分のスペースには魅力を感じないという事でしょう。

マーケティングをしているはずなのにあまりにもニーズとはかけ離れてしまっているのではないかと思います。

それがボディの大型化であり高価格化なのだと思います。 軽自動車も高価格化が進んでいますが、そのほとんどが衝突安全基準の適合の為の強化や先進安全装備の充実という、納得できる理由がそこにあるから販売も徐々に回復傾向に表れているのだと思います。

未来の予測もつかない収入もあがらない、そんな今ですからよりコスパもよいものへとシフトせざるをえないのでますます軽自動車のニーズが高まってきているのです。

ニーズや欲しいと思わせる魅力あふれるクルマではなくなってきているからという事なのでしょう。 高性能自体は世界のトップを争うメーカーが多い日本の自動車メーカーですからどこでも作れるわけです。 なので性能だけで謡うのではなくそこに魅力がなければ選ばれないのは当たり前という事です。



 

コメント