アストンマーチン レッドブル ホンダ F1チーム ブルゾン・ジャケット・ジャンパー

ブルゾン・ジャケットジャンパー

今期は期待をしても良い雰囲気を出している「アストンマーチン・レッドブル・ホンダF1チーム」公式のブルゾン・ジャケット・ジャンパーの紹介です。

レッドブル・ホンダそしてF1ファンの皆さん必見ですよ!

栄光よ再び「レッドブル・ホンダF1チーム」公式ブルゾン・ジャケット・ジャンパー

現代のF1を語る上で外せない躍進目覚ましいレッドブルとホンダが手を組んだ2019年は、事前テストでの良い結果を聞くたびに期待をせずにはいられませんね。

ホンダの黄金期の再来とは言わないまでも、復帰以来の優勝はレッドブルレーシングならば力を発揮できれば可能なパートナーです。

マクラーレン時代とは違いエンジンの信頼性とパワーそして良好な関係を想像できるコメントや走行結果から見ても雲泥の差のシーズンとなりそうです。

ホンダの不振からF1を見なくなってしまった方、古くからホンダを信じて首を長ーくして待っているファンの皆さん、今期はホンダは待望な姿を皆様に見ていただけるチャンスがとても高い確率で見れるはずですので動画だけでなくサーキットにも足を運ぶきっかけにもなればと思います。

マシンにも負けないぐらいのデザインのブルゾン・ジャケット・ジャンパーとなりますので、ホンダ・レッドブルファンの皆様はこの機会にお買い求めくださいませ。 サーキットにも映えますので観戦時の応援グッズと共にレースをお楽しみください

2019年スタートする現F1最強のパートナーとのコラボアイテムです。他ではなかなか見れれないアイテムですので、売切れ必死かも?

アマゾンで販売しているレッドブル・ホンダのブルゾン・ジャケット・ジャンパー


[ Red Bull ] アストンマーチン レッドブル ホンダ F1 Racing Team シティーランナー ジャケット 2019 (XL身幅64cm着丈82cm)


[ Red Bull ] アストンマーチン レッドブル ホンダ F1 Racing Team オフィシャル ライフスタイル ウィンドブレーカー 2019 (XXL身幅69cm着丈75cm)

F1チーム レッドブルはホンダの最強パートナーとなれるのか?

2005年からF1に参戦しているレッドブルレーシングチームは、プライベートチームでありながらメーカーワークスと対等に渡り合うほどの力を持つ有力チームです。

チーム運営にはとても資金がかかるようで、今までもいくつものチームが進出撤退を繰り返しているのが現状です。 当然オーナーはセレブなどなど資金には問題がないような方なのですが、それでも撤退が多いという事は相当お金がかかるのでしょうね。

レッドブルレーシングはその名前から想像できると思いますが、エナジードリンクのレッドブルを親会社にもつレーシングチームになります。 モータースポーツのみならずプロスポーツの冠スポンサーとなるなど豊富な資金力を持ちます。

自動車メーカーも下部のカテゴリーで若手を育てるなどしていますが、レッドブルもまた多くの下部組織(下部カテゴリーのチーム)の運営もしていますので、才能にあふれた若手を発掘そして育てF1に送りこむという体制で運営をしています。

なのでドライバーはいつも若い才能あふれるドライバーがハンドルを握っています。 メーカーよりもドライバー育成はきちんとしたピラミッドのなかで育てられているのだなと感じます。

さてそんなF1有数のチームと2019年はホンダは手を組み進むわけですが、結果は出るのでしょうか?

私は例年になく期待をしていいのではないかと考えています。 やはり大きなところでは双方からポジティブなコメントしか出ない事。 そしてテストとは言え結果も出ていますし、何よりもロングランが出来ている事です。

そもそもはクルマなんですから走って当然ですが、そううまくいかないのがレーシングマシンだったりするのです。

ちょっとした事が致命傷になったりちょっとした事が結果に大きな差を出す事になったりと、足し算引き算では答えが出せないものだったりするのです。

そして今回ルノーからホンダへとPUが変わりましたが、ホンダPUの方が小さいのだそうです。

空力にも影響が出たり、運動性能も変わるなどもするのです。 300km/h以上も出すわけですから、このちょっとの差が大きな恩恵にもなるわけです。

恐らく今は良い方向にホンダPUを搭載した事で、出ているのでしょうから今期は期待できるのではないかと思う1つなんです。

コメント