アストンマーチン レッドブルレーシング F1 パーカー・フーディー  2018

パーカー・フーディー

モータスポーツ最高峰のF1に参戦している人気チーム「アストンマーチン レッドブルレーシング 2018年モデル」公式のパーカー・フーディーの紹介です。

レッドブルレーシングファンそしてモータスポーツをこよなく愛する皆さん要チェックです!

2019年F1サーキットの中心になるであろうレッドブルレーシング公式のパーカー・フーディー

オフシーズン中のテストからチームそして周囲からの評価も高いまま、2019年F1初戦を迎えた「アストンマーチン レッドブルレーシング」。

その結果は知っての通りのホンダ復帰後初の表彰台ゲットとタッグを組み初戦の結果としては最高のスタートとなったのではないでしょうか?

サーキットとの相性なども考慮に入れなければいけませんが、日本のF1ファンの方にとっては2019年シーズンは大いに期待をしてしまう結果が届いたのではないでしょうか?

今回はそんな「アストンマーチン レッドブルレーシング」2018年公式のパーカー・フーディーの紹介となります。 今回のはホンダとのタッグ前の昨シーズンの公式アイテムとなります。

2017年からスポンサード企業として名を連ねるアストンマーチンも登場する貴重なファッションアイテムです。 この機会をお見逃しなく!

今回はAmazonで販売している商品のみの紹介のみとなります。 世界ナンバー1のECでお買い物を楽しんでいただければと思います。

Amazonで販売している「アストンマーチン レッドブルレーシング」のパーカー・フーディー


[ Red Bull ] アストンマーチン レッドブル F1 Racing Team ライフスタイル オフィシャル フーディー (XXL身幅69cm着丈79cm, ネイビー)


【 Red Bull 】 RBR レッドブル F1 Racing Team オフィシャル レプリカ フーディー 2018 (XL身幅64cm着丈73cm)

レッドブルレーシングとアストンマーチン・ホンダという関係はどうなるのだろうか

待ちに待ったF1もオーストラリアGPで初戦を迎えました。 結果は今更言うまでもないですがホンダ4期目以降初の表彰台をもたらしてくれました。

一番高いところではありませんでしたが、酷評を受け続けながらも着実に力をつけてきたホンダの努力に拍手を送りたいところです。

現代のF1で人気実力共に最高レベルのメルセデスAMGとフェラーリと渡り合い勝負に勝ったことで得られた3位はその順位以上にとても大きな喜びを私達だけでなく努力し続けてきたチームスタッフにももたらされたのではないでしょか?

2019年の初戦から好結果が出た事により気になるのがアストンマーチンです。 2017年のスポンサード企業として提携した時に、将来的なエンジンPUサプライヤーとしての復帰の可能性も話していただけに、ホンダPUを搭載しての好成績は将来的な展望はどうなるのか気になるところです。

アストンマーチンは本土同様に自動車メーカーであります。 主力は高級スポーツカーですからホンダとはかぶらないとはいえ同じ自動車メーカーです。 しかもイギリス唯一の単独での自動車メーカーです。

ちょっとホンダに似たスピリットを感じる自動車メーカーではあります。

ただそのホンダを見る限り昔とは違いいろんなシステムも増えた事も有りF1が様変わりしています。 結果ずいぶんと苦しんでしまいました。 そうとう見直しで時間とお金を投入した事は改めて調べる意味も無い事でしょう。

その姿を見ている以上そう簡単には参戦は出来ないはずです。 失敗すればCM効果ではなく印象が悪いものになってしまいます。

普通に考えればそう簡単にはアストンマーチンのエンジンPU製作は延期となる事でしょう。まぁ私の予想ですからあてにはなりません・・・・。

コメント