アバルト キーホルダー・キーリング  フィアット

キーホルダー・キーリング・キーケース

イタリアのフィアット車をベースにしたコンプリートカーなどを販売する「アバルト」のキーホルダー・キーリングの紹介です。
フィアット・アバルトユーザー・ファンの皆さん必見です!

サソリのマークが目を引く アバルト

イタリアンデザインとアグレッシブなドライビングフィールがあなたの心を指す。
アバルトの魅力を一行に凝縮したキャッチフレーズです。

日本で見られるのはフィアット500をベースにして作られたモデルとマツダ・ロードスターをベースにした124スパイダーです。

フィアットとは違い内外装はスポーティに仕上がっていて、狭い日本でも軽快なフットワークを見せてくれそうな雰囲気を持つクルマですよね。

日本メーカーにはない色使いとデザインが魅力的な1台です。 フェラーリは買えないですが輸入車の魅力ある車が欲しいとなって時にはぴったりな1台となりそうです。

今回はそんな日本でも知名度が上がってきた「アバルト」のキーホルダー・キーリングの紹介になります。

サソリのエンブレムで知られるアバルトですので、サソリをモチーフにデザインされたキーホルダー・キーリングとなっているので、魅力溢れるアイテムとなっています。

自動車関連でもエンブレムがカッコイイ「アバルト」はその中でもオススメしたい1つです。

Amazonで販売している「アバルト」のキーホルダー・キーリング

ABARTH アバルト 純正 FIAT フィアット イタリア アクセサリー キーホルダー keyholder MADE IN ITALY (カーボン/シルバー) [並行輸入品]
ABARTH
¥4,000(2021/06/16 21:02時点)
イタリア直輸入 ABARTH アバルト 純正 FIAT フィアット イタリア アクセサリー キーホルダー keyholder 21755 MADE IN ITALY

ABARTH アバルト 純正 FIAT フィアット イタリア アクセサリー キーホルダー keyholder MADE IN ITALY (カーボン/レッド) [並行輸入品]
ABARTH
¥4,000(2021/06/17 23:04時点)
イタリア直輸入 ABARTH アバルト 純正 FIAT フィアット イタリア アクセサリー キーホルダー keyholder 21755 MADE IN ITALY

ABARTH アバルト 純正 FIAT フィアット イタリア アクセサリー キーホルダー keyholder MADE IN ITALY (カーボン/イエロー) [並行輸入品]
ABARTH
¥4,000(2021/06/16 21:02時点)
イタリア直輸入 ABARTH アバルト 純正 FIAT フィアット イタリア アクセサリー キーホルダー keyholder 21755 MADE IN ITALY

ABARTH アバルト 純正 FIAT フィアット イタリア アクセサリー キーホルダー keyholder MADE IN ITALY (レッド) [並行輸入品]
ABARTH
¥4,000(2021/06/16 21:02時点)
イタリア直輸入 ABARTH アバルト 純正 FIAT フィアット イタリア アクセサリー キーホルダー keyholder 21755 MADE IN ITALY

ABARTH アバルト 純正 FIAT フィアット イタリア アクセサリー キーホルダー keyholder MADE IN ITALY (ブラック) [並行輸入品]
ABARTH
¥4,000(2021/06/16 21:02時点)
イタリア直輸入 ABARTH アバルト 純正 FIAT フィアット イタリア アクセサリー キーホルダー keyholder 21755 MADE IN ITALY

楽天で販売している「アバルト」のキーホルダー・キーリング


アバルト・695エディツィオーネ・マセラティ Wネーム 純正 キーホルダー 5744574


アバルト純正 ロゴキーホルダー アルミニウム製 ABARTH レッドリング 文字ロゴ 6002350508


アバルト 角型・本皮キーホルダー ABARTH 【FIAT】


フィアット・アバルト 本皮キーホルダーS ABARTH


アバルト キーホルダー

長期間販売しても色あせないデザインのクルマを日本メーカーは作れるのか?

トヨタを始めマツダなど統一デザインを採用するメーカーが増えてきました。
フロントマスクの一部を共通化するデザインもいれると今ではほぼすべての自動車メーカーとなっています。

レクサスの様に高級ブランドであればメッキパーツとの併用で高級感を出す、これに関しては日本メーカーも上手く活用できていると感じます。

しかし量産車モデルとなると難しいものがあると感じます。 コンパクトモデルから上級クラスまでを統一デザインとしているマツダを見てみると、確かにマツダ2(デミオ)などは高級感がでますが、逆に上級モデルには安っぽさを感じます。

私的には前モデルが統一デザインというのは無理があるのではないかと感じます。
どうしても安い価格のクルマの方が目にする機会も多く印象が強く残るからなのかもしれません。

その点レクサスはプレミアムカーブランドですから、ベース車が他に存在し全ての車種がワンランク上のブランドだから安っぽさを感じないのかなと感じます。

なのでスタンダードのブランドでは難しいのかなと。
それにホンダの様に全てがカッコ悪く安っぽく感じられるのに、ほとんどがこのデザインのものになってしまうと販売も低調になってしまうという恐ろしい状況になってしまいます。

新型フィット見る限りまだまだこのデザインのイマイチ路線から抜け出せていないので、厳しい状況は続きそうな気がします。

その点デザインの国イタリアの車たちは個性豊かでありながら、大きな変更がなくても色あせないデザインを持つクルマが多いですね。

CD値をよくするため・整流効果を向上する為など現代の技術の賜物なのでしょうが、そろそろそういうのからも脱却する日を目指すべきなのかもしれません。

私達の乗る自動車は必要以上にスピードが出る必要はありません。 そもそも高速道路でさえ法定速度は110km/hぐらいなのですから、瞬間的に130ぐらい出せたとしてもそれぐらいでいいわけです。

なので最低限でいいので、飽きの来ないシンプルなものへと変わる事が、統一デザインよりも採用するべきなのではないでしょうか?

モデルチェンジサイクルをもっと長くする方が効率が良い気がします。 その分イヤーモデルで違いや新装備を順次投入する方が良い気がします。

まぁ素人考えなので賛否はあると思いますが・・・・・。

コメント