カストロール  Tシャツ   エンジンオイル 潤滑油

Tシャツ

スーパーメジャーの一角BPの所有するオイルブランド「カストロール」のTシャツの紹介です。
カストロールファンの皆様必見です!

日本で最もメジャーなエンジンオイルブランド カストロール

ホームセンターやディスカウント店でも多くの品揃えがあり、皆さんんもよく目にするエンジンオイルブランドがカストロールかと思います。

スタンダードな缶入りから、プラスチック製のボトルに入ったもの、そして手頃な価格から高級品まで品揃えがどの店でも豊富なので、通常利用の方からサーキット走行も楽しむコアファンまで多くの日本ドライバーに貢献してくれている日本ナンバー1の知名度を誇るのではないでしょうか?

今では世界のオイルブランドが日本に上陸していますが、古くから日本で販売されているカストロールの牙城を崩すのは容易い事ではないでしょう。

今では規制の関係でお目にかかりませんが、2スト全盛の時代には甘ったるい香りで人気だったのもカストロールです。 「カストロールの香り」なんて名前がついちゃうほど、人気でしたよね~。 
私もこの匂いにつられて使っていた1人です。

今回は日本だけではなく世界的にみてもエンジンオイルを含む潤滑油のトップブランドとして人気が高い、カストロールのTシャツを紹介したいと思います。
自動車関連でTシャツをお探しの方にもオススメしたいカッコイイ1枚です。

今回はAmazonのみで販売しているアイテムのみになります。 世界でもトップメーカーとして君臨するAmazonですから安心してお買い物を楽しんでいただければと思います。

Amazonで販売している「カストロール」のTシャツ

Amazon | カストロール ヘリテージ Tシャツ (チャコールグレー/L) Castrol | Tシャツ・カットソー | 車&バイク
カストロール ヘリテージ Tシャツ (チャコールグレー/L) CastrolがTシャツ・カットソーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

WRCで一時代を築いたセリカはカストロールカラーだった

当時ランチア(ランチア・デルタ・インテグラーレ)がWRCを席巻していました。 その牙城を破ったのがトヨタのセリカです。
カストロールのトリコロールカラーはそれだけにインパクトが大きかったので今でも昨日の事のように思い出します。

ラリー人気は一時すごくて「OZ」のホイールなんかもよく見かけました。 この当時の日本の自動車メーカーの勢いもすさまじく、三菱・スバル・日産・マツダなども次々と参戦していました。
参戦する為のマシンもヒットするなど、今では幻の様なスポーツカー四駆時代でした。

今では殆どモータースポーツ活動の姿を見れないあのメーカーも参戦していたのです。 参戦していたマシンもほとんどが姿を消してしまいましたが・・・・。

成績も残した事も有り、トヨタ・セリカとスバル・インプレッサーは記憶に刻まれています。
この活躍でスバルのブルーもナショナルカラーのような存在になっていますよね。

WRCでの活躍でレガシーやフォレスターなんかも、特別な青バージョンが設定されたりしたので覚えている方も多いのではないでしょうか?

スバルがこのあと長期にわたり右肩上がりに成長をできた原動力の1つが、WRCでの活躍というのは間違いないでしょう。

今はモータースポーツでの活躍のみで大きく変わるというのはありませんが、当時はそういう事が起きる時代だったのです。
本来の自動車のあるべき姿なんでしょうけどね。

ホンダが復帰後初優勝をやってのけましたが、さほど反響も世間的には無い事が自動車ファンとしては寂しいと感じます。

コメント