カーシェアリングの魅力は移動手段だけではない? それは鍵とプライベート空間にあり?

カーシェアリング

自動車の所有から利用へと新しい流れを作り、自動車産業のなかで今最も注目度が高いカーシェアリング。 10~15分単位から利用でき、そして24時間365日ストレスフリーで手軽に借りれる事から、マイカーを手放す方も増えてきていると聞くようになりました。

そんな注目のカーシェアリングに移動手段として以外にも、とっても魅力的な利用方法があるというわけで今回、そんな例をいくつか紹介したいと思います。

鍵がかかるそして完全なプライベート空間というのが魅力

休憩や仮眠場所としての空間として

外回りの営業をする方やオフィスで休憩をとるという時でも、ちょっと仮眠したいななんて時に、周りの目や場所の確保というのはなかなか難しいですよね? 仮眠したほうが効率が上がるとなんて話で導入を推奨する企業もあるなどしていますが、そうはいってもね。

特に女性の方には気を遣う場面かと思います。 そんな時にカーシェアリングを利用するのだそうです。 長時間利用するわけではありませんし、クルマには鍵がかかりますので完全なプライベート空間の確保というわけです。

この鍵がかかるというのが女性の利用者を呼び込んでいるようです。 鍵がかかる安全な空間でエアコンも完備ですからこれ以上の気軽なものはないですよね?

また自動車ですからエンジンをかけていればスマホの充電もその間に出来ますから、とても利便性の高い気軽に借りれるプライベート空間なわけです。

重要な商談など静かな空間での電話ボックス替わりとして

こちらはビジネス利用でなんですが、お客様との重要な話や商談など、静かな空間でないと相手方に不快な思いをさせないシーンというのは時としてあるかと思います。 なかなか静かな空間というのはありませんよね?

クルマは遮音性も高く音漏れもしにくいという事は秘密な話も出来るという事です。 まぁその秘密の内容はいろいろあるかと思いますが・・・・。

緊急の宿泊先として

先日は台風の影響で急な計画運休という事で、電車がストップして翌朝混乱するなど、最近ではいろいろな想定外が起きています。 また飲み会や遊び過ぎで終電逃したなんて言うのもよく聞く話です。

こんな話は失礼なのかもしれませんが、男性はまぁ犯罪にあう可能性と言うのは少ないですが、女性はそういうわけにはいかないのはいつの世も変わりません。 何人かでいるのであればいいのですが、1人でとなると危険ですよね?

ですのでこうした緊急の避難先としての場所としての利用というのにも注目されているようです。 カーシェアリングは夜間利用は割引をしていますので、お財布にも優しいのが大きな魅力です。

温泉施設まで行って朝帰るなんていうのも面白いかもしれませんね。
カレコ・カーシェアリングクラブ

24時間利用できる利便性が新たな需要を生むシェアリングサービス

えっていうような利用方法や他にも同じ目的の施設があるのでは?と思うのですが、何が新たな需要を生むきっかけになっているのかというと。

24時間気兼ねなく利用できる利便性高さが他との違いなんでしょう。

今までのサービスというのは受付だったり会計だったりに人がいたわけですが、そうした事も無く人にも会う事も無くストレスフリーというのが、魅力でもあるのでしょう。

利便性とストレスフリーが大きなキーワードになるのかなと感じます。 人が関わらない事で24時間利用にも障壁が無くなり、利用に対してもブレークスルーとなっているのかなと感じます。

あと大きなのは鍵がかかるという安心感でしょう。 女性利用が増えるきっかけになっているのはこれが大きいと感じます。 気を休めるという本当の意味の心から休めるには安心感というのが大切ですからそういった意味でも自動車という空間には最適だったという事です。

皆さんも利便性の高いカーシェアリングを移動というだけでなくいろいろな用途でも使ってみてくださいね。

いろいろな用途があるというのが魅力 多様性が今後の成功のカギ

ああこんな利用法があるのならば特化したビジネス展開が出来るかもなんて想像しちゃったりしますが、こうした利用者自体は全体の多くても10%程度でしょう。 1つ1つではビジネスとしては成立しないでしょう。

しかしカーシェアリングという自動車での移動利用を主とするビジネスモデルに違った需要がある事で利用率というのは安定して伸びるという事になります。 これは1つではえられない安定した経営の基盤となります。

ですのでいろいろな使われ方が出来るというのが、今後大きなチャンスを生むビジネスになるのではないでしょうか? 特にカーシェアリングは土地の利用から自動車の利用と本当に複数が絡んでいますので、これからも伸び続けるビジネスと言えるでしょう。

人が多い都市部が中心になっているのもこれだけの多様性をもたせたビジネスへと発展したのが、カーシェアリングなのかもしれませんね。

コメント