キャデラック  キーホルダー・キーリング

キーホルダー・キーリング・キーケース

アメリカ自動車最大手ゼネラルモータースが所有する高級車ブランド「キャデラック」のキーホルダー・キーリングの紹介になります。
キャデラックファンの皆さん必見です!

世界有数の高級車ブランド キャデラック

ロールスロイスやメルセデスベンツといった世界的に有名な高級車ブランドと肩を並べるのがキャデラックです。

ゼネラルモータース(GM)の展開するブランドの中で最上位に君臨する、フラッグシップブランドとして長年同社のシンボルとして多くのセレブや王侯貴族に愛されるブランドの1つです。

日本ではアメリカの自動車の人気が低い事も有り、認知度はイマイチなのかもしれませんが、アメリカの大統領専用車両も生産するなどアメリカでは今なおアメリカを代表するブランドの1つとして愛され続けるブランドです。

以前訪日の際にも大統領と共に日本に空輸され、大統領の移動の際に乗られていたので多くの皆さんがニュース等でご覧になったと思います。

そうあのアメリカらしいごついクルマがキャデラックです。

今回はそんなアメリカを代表する高級車ブランド「キャデラック」のキーホルダー・キーリングの紹介です。

他のブランドとは違い古き良きアメリカ時代からの歴史を感じるごつく頑丈そうなクルマ。 他とは一線を画す「ザ アメリカ」そんなデザインをもつのがキャデラックです。

商品の方はそんなアメリカらしさはなく、エンブレムのみのシンプルデザインが多いので、アメリカ車好きな方にもオススメです!

手頃な価格のものが多いので、プレゼント用としても重宝すると思います。

楽天で販売している「キャデラック」のキーホルダー・キーリング


【 キャデラック 純正 クーポン対象 】 カーボン キーホルダー 裏面にロゴ型押し 小リング×3個 縦6.5cm×横2cm ブラック レッド Cadillac 【メール便全国送料無料】


キャデラック 本皮キーホルダーS CADILLAC


GM純正 キャデラック FABRIZIOキーリング キーホルダー(ブラック)


【 キャデラック 純正 クーポン対象 】 メタル キーリング3 選べる2色の メタルキーリング 小リング×3個 縦8cm×横2.5cm シルバー クロームシルバー Cadillac 【メール便全国送料無料】


GM純正 キャデラック グレーシーレザーキーリング キーホルダー(ブラック)


【 キャデラック 純正 クーポン対象 】 トライアングル レザー キーリングフォトフレーム仕様縦5.0cm×横3.5cm リング直径3.0cm 本体7.0cm トライアングル レザー キーリング Cadillac


GM純正 キャデラック FABRIZIOキーリング キーホルダー(ブラウン)


【 キャデラック 純正 クーポン対象 】 キーリング 3縦7.5cm×1.5cm キーリング 3 Cadillac

スマートキー用

キャデラック キーケース キーホルダー スマートキーケース ESV エスカレード CTS XTS SRX ATS XK001

意外と縁があった日本とキャデラック

世界中の自動車メーカー・ブランドが正規販売を行いしのぎを削る日本市場において、すっかり蚊帳の外なのがアメリカの自動車メーカーです。

日本の法制度などを理由にいろいろと要求をしていますが、高級車ブランドからスーパーカーメーカーまで日本市場を重要視する程、輸入車販売は年々伸びています。

魅力や需要があれば売れる事は実証されているのです。 日本で売れるクルマを作ればいいだけなのです。

そんな事も有りかつてはビッグ3と呼ばれ世界を席巻したアメリカの自動車メーカーが最も影が薄いのが日本となっています。

しかし過去を覗いてみると自動車が本格的に普及を始めた頃は多くがアメリカの自動車だったそうです。

日本の自動車普及は第2次世界大戦前後なのですが、特に本格的に庶民にも定着し始めたのは戦後になります。

戦後処理にあたったマッカーサーが持ち込んだのがキャデラックでした。 このことでキャデラックの認知度は上がり、戦後復興期にあらわれたスーパースター達がこぞってキャデラックを乗った事で成功者の象徴となったようです。

それからおよそ1世紀、今の日本では富の象徴はスーパーカーやロールスロイス、メルセデスベンツ・BMWなど欧州を中心にした自動車メーカーなわけですから、歴史を見てみると面白いものです。

100年後はネットを制しているのもグーグルではない他の何かなのでしょうね。 そう簡単に圧倒的なシェアを持ち続ける事は出来ない。難しいということなのでしょうね。

もしキャデラックが日本のスタンドだったとしたら、今の日本の狭い道路事情は全く違く不必要に広かったのかもしれませんね。

コメント