クラシックmini ヒールトレッド 靴下

靴下

BMW傘下以前のいわゆる「クラシックMINI」のラリーカーのボディカラーをモチーフにデザインされたヒールトレッドの靴下の紹介になります。

MINIユーザー・ファンの皆さん必見です!

日本では数少ない専門店がある自動車が「MINI」

新車ディーラーや中古車店というのは、全国で星の数ほどありますが車種限定の専門店というのはとても少ないです。

世界でも未だ上位にある自動車大国であるにもかかわらずです・・・・。

そんな数少ない専門店としては、日本車だと「ジムニー」ぐらいでしょうか。
とはいえ輸入車でもブランドはあっても車種というとほとんどなく「MINI」ぐらいでしょう。

長く多くの人に愛され続けるクルマというのは世界で見ても実に少ないのですよね。
数もないと商売にはなりませんから、特に日本では難しいのです。

コンパクト・カワイイデザインという日本にもマッチした事も有り、未だに日本でも多くのファンを虜にしている数少ない1台です。

今はBMWのミニの方が多くなっていますが、これからもその愛らしいデザインもあってこれからもファンの心を掴み続ける事でしょう。

今回はそんな日本でも熱狂的ファンを多くいる「クラシックMINI」の靴下の紹介になります。

Amazonで販売している「MINI」の靴下


HEEL TREAD(ヒールトレッド)Mini L(25.5-28cm)
HEEL TREAD
¥1,650(2020/09/30 23:11時点)
ポルトガルのソックスブランド「HEEL TREAD / ヒールトレッド」

楽天で販売している「MINI」の靴下


【ヒールトレッド/HEEL TREAD】Mini 靴下 ソックス MINI COOPER ミニ クーパー ローバー ミニ モンテカルロ ラリー WRC【メール便可】

オイルショックで誕生したのがMINI

オイルショックを契機にそれまでより経済的で新しいスタンダードとして誕生したのが、ブリティッシュ・モーター・コーポレーション(BMC)が販売したMINIです。

乗った事が無いという方も多いかと思いますが、見た目も小さいですが乗っても小さいです。
日本人の方が欧米の方よりも小柄ではありますが、それでも狭いです・・・。

旧規格の軽自動車レベルというところでしょうか。
なのでよくもこれがイギリスで誕生したなと思うはずです。

日本の自動車も昔のは小さかったですからね。
私もオイルショックは体験していないので当時の日本の風景みたわけではないのですが。。。

日本がもし今の様にアメリカファーストだったら違った事が自動車の普通ではあるのですが、ご存知ですか?

それは右ハンドルです!
私達にとっては最初からこれだから何とも思わないですが、世界的に見るとほぼ左ハンドルです。
日本ていろんな事がガラパゴスなんですよね。

さてそんな貴重な右ハンドルですが、数少ない仲間の1つがイギリスなんです。
なのでMINIは普通に右ハンドルがあるのも日本に早くから定着した理由の1つですね。

そして日本が自動車の生産の真似をしたのは、アメリカではなくイギリス車をモチーフにしたと言われています。

それもFF車とか。
なのでいろんな意味で日本にとっては受け入れやすい、日本に近いクルマと言えるのではないでしょうか?

まぁそんないろんな偶然や運なども重なる事で、こうした唯一無二の車は誕生するものです。。。。。

コメント