グッドイヤー  バック・カバン

バック

世界最大級のタイヤメーカーの1つ「グッドイヤー」のバック・カバンの紹介になります。

グッドイヤーユーザー・ファンの皆さん必見です!

アメリカでは最大のタイヤメーカー グッドイヤー

アメリカ最大にして100年企業でもあるのがグッドイヤーです。

ブリヂストン・ミシュラン・コンチネンタルと共に世界最大級のタイヤメーカーとして、グローバルに活躍しています。

近年は世界的な格差社会の広がりを受けて、低価格ブランドに人気が奪われていて4大タイヤメーカーも苦しい競争を強いられています。

そこにもってきて自動車の変革期が迫ってきていて、タイヤにも更なる向上が要求されています。
オールシーズンタイヤなのかエアレスなのか、はたまた空を飛ぶのか・・・・・。

高く飛ぶ必要はなく浮けばいいのですからそれも有りなのかもです。
そうすれば天気に関する心配は無くなりますから、最終的に目指すのは浮くという事なのかもしれませんね。

今回はそんな自動車と共に開発競争が激しいタイヤメーカー「グッドイヤー」のバック・カバンの紹介になります。

Amazonで販売している「グッドイヤー」のバック・カバン


タイヤにとってモータスポーツは進化出来る場所ではない?

やっとハイブリットなどの技術が市販車に並び先にいくか?というところまでモータスポーツの最高峰では到達してきました。

過去ではターボの開発やセミオートマ、アクティブサスペンションなど速く走る為にモータスポーツの場で投入され進化をしてきました。

なのでこれまで自動車の開発の場として大きな存在でした。
まぁ近年では市販車の方が早かったりで、もうそういう場としてのモータースポーツの意味は薄くなってきています。

という事も有り自動車メーカーがモータースポーツ活動を積極的ではない所が多くなっているのも、ただ資金的な事だけではないからなのでしょう。

そのなかでもほとんど進化が無いのがタイヤです。
材料や構造などの進化はしているので全くではないのですが・・・・・。

自動車よりも現状からするとモータースポーツ活動をする意味は薄いのでしょう。
ムリしてF1に供給するよりも開発費に回した方が将来性が高いのでしょう。

もう十分に各メーカーの名前は売れていますからね。
だから近年各カテゴリー大手じゃないタイヤメーカーが参戦する道が広がったのでしょう。

コメント