グッドイヤー キャップ・帽子

キャップ・帽子

アメリカの世界的タイヤメーカー「グッドイヤー」のキャップ・帽子の紹介になります。
グッドイヤーユーザー・ファンの皆さん必見です!

世界的タイヤメーカー グッドイヤー

1898年アメリカで誕生したグッドイヤー。

日本のブリヂストン、フランスのミシュラン、ドイツのコンチネンタルに次ぐ世界的なタイヤメーカーとして現在に至ります。

販売競争が激しいタイヤ業界ですから、どんなに歴史を長く紡ぐメーカーであっても他人事とはいかないのが現状です。

アメリカファーストを謳う大統領からも一時はやり玉にあげられるなど、アメリカ企業にもかかわらず敵視される最悪な状況からはぬけだしましたが。

なのであまり優遇されている印象は薄いですね。

まぁアメリカ企業ながら恩恵を受けられないのでは、うたい文句が違うというものですね。

今回はそんなアメリカ最大手のタイヤメーカー「グッドイヤー」のキャップ・帽子の紹介になります。

Amazoで販売している「グッドイヤー」のキャップ・帽子


【グッドイヤー オフィシャル製品】帽子・キャップ(デニム・フラットブリム) Goodyear
Goodyear (グッドイヤー)米国オフィシャル製品 (株)ジェネレーション・エックス
¥5,380(2020/07/30 23:24時点)
革製ベルトでサイズ調節可能

【グッドイヤー オフィシャル製品】帽子・キャップ(ネイビー) Goodyear
Goodyear (グッドイヤー)米国オフィシャル製品 (株)ジェネレーション・エックス
¥5,280(2020/07/30 23:24時点)
ベルトでサイズ調節可能

楽天で販売している「グッドイヤー」のキャップ・帽子


【グッドイヤー オフィシャル製品】帽子・キャップ(ネイビー) Goodyear


【グッドイヤー オフィシャル製品】帽子・キャップ(デニム・フラットブリム) Goodyear

販売競争に敗れるのが先か変革の波にのまれるのが先か?

自動車が誕生して100年が過ぎ誕生して以来の変革の時が迫ってきています。
自動車の登場と時を同じくタイヤも誕生したのですが、くしくも同じような状況が待っているようです。

タイヤも変革の時が近いと言われていますが、それと同時に販売競争も激化しています。

世界中で貧富の格差が広がった事もあって、低価格の商品が年々販売を伸ばしています。
中古車であれ高級車はメンテナンス費用もかさみますから、貧富の差が拡大した以上こうなるのは予想できたのでしょうが。

さてそんな事も有り低価格ブランドが設立が増え競争が激化しています。
その影響は上位の数社でさえも、シェアを落とす状況に陥っています。

なので開発競争に負けるのか?シェアを奪われて統廃合に踏み切るのか?
状況は上位陣でさえ他人事ではなくなっているのです。

ミシュランやブリヂストンは本業以外でも柱があるからいいでしょうが、ここまでそうできなかった企業にとっては進むも戻るもって状況になってしまうのかもしれませんね。

本当続けるっていうのは難しいものですね~
それが長くなればなるほど・・・・。

コメント