グッドイヤー キーホルダー・キーリング

キーホルダー・キーリング・キーケース

アメリカの大手タイヤメーカー「グッドイヤー」のキーホルダー・キーリングの紹介になります。
グッドイヤーユーザー・ファンの皆さん必見です!

翼の付いた足のロゴでお馴染のグッドイヤー

日本のブリヂストン・フランスのミシュラン・アメリカのグッドイヤーの3社で世界の自動車用タイヤのシェアの60%をかつては握っていた程、圧倒的なシェアを誇るタイヤメーカートップ3です。

今では中国や韓国といった新興勢力となるアジア勢の低価格販売により、勢力図は変わってきていますが、トップ3のもつ技術と商品力・ブランド力は未だ健在。
まだまだその牙城を食い破るライバルは登場していません。

ただ経済発展が著しい東南アジアと世界一の自動車市場となっている中国がある事から、うかうかはしていられないのも、また事実ですね。

さて今回はそんな新興勢力の追い上げが厳しいタイヤメーカーのなかで、世界3位の販売力を持つグッドイヤーのキーホルダー・キーリングの紹介になります。

歴史も古く販促グッズも人気が高いグッドイヤーですので、お探しの方も多いかもしれません。
特徴的なロゴやキャラクターを持つ企業は、コレクターズアイテムとしても人気になりますのでそういった意味でもグッドイヤーは注目のメーカーになります。

レトロな雰囲気も有り、特徴的なロゴが魅力のグッドイヤーのキーホルダー・キーリング、ご自分用だけでなく手頃な値段でもあるのでプレゼント用にもオススメしたいアイテムになります!

楽天で販売している「グッドイヤー」のキーホルダー・キーリング


グッドイヤー ブルボン キーホルダー GOOD YEAR BOURBON Key Chain


グッドイヤー ブルボン キーホルダー GOOD YEAR BOURBON Key Chain

自動車史始まって以来大きな変化がないのがワイパーとタイヤ

昔は素材に木が使われていたりと素材から見ても多数の金属が使われるなど、大きく変わってきています。
近年では飛行機にも使われる炭素繊維なども、レースの世界や高級車に使われるようになるなど金属以外の素材も現れてきました。

歴史が100年経過すると形だけでなく中身も大きく進化をするものです。

しかしそんな中でもあまり変わっていないのが、ワイパーとタイヤです。
当然ながら重要なパーツなので、全く変わっていないという事はないのですが、見た目が大きく変わらないので変化の様子を見た目ではうかがい知ることが難しいです。

タイヤは当初は自転車用と一緒でチューブタイヤでした。 そこからチューブ無しのタイヤへと進化しているのですが見て目では分からないので、変わらないと思っている方も多いのかもしれません。

そんなタイヤにもとうとう変わる時が近づいています。 自動運転車の登場に合わせてこちらも変わる必要もある事から、同時期ぐらいには新たなタイヤの形が見えてくると思います。

その方向性として現段階であるのが、雪道も走行できるオールシーズンタイヤとエアレスタイヤです。

前者は見ての通りで履き替えをしないで、1年を通して安心・安全を実現してくれる従来モデルの正統進化バージョンです。
スタッドレスやチェーンには到底勝てませんが、手間もいらず最低限のメンテナンスですむのは大きな魅力です。

雪対策に関しては従来通りになってしまいますが、パンクからは解放されるエアレスタイヤです。
こちらも文字通りでエアで膨らませるのではなく、ホイールにタイヤのゴムだけがまかれている状態の為に、パンクやエアの調整などメンテナンスからは解放されます。

メリットデメリットはありますが、自動運転車の登場は今まで通りでは対策はとれませんので、とうとうタイヤの変革の時は近しという感じがしています。

エアレスタイヤには特に注目をしているのですが、事故や走行性能にも大きく違いが出るだけにこの「空気」が必要ないというのはとても価値あるものだと思います。

オールシーズンタイヤは今まで通りの発展番なので、徐々に変わっていけばいいというスタンスなのも受け入れやすいのはいいですね。

精神衛生上からみるとこちらの方が私的にはいいのかなと思います。 

コメント