グッドイヤー GOODYEAR パーカー・フーディー

パーカー・フーディー

アメリカのタイヤメーカー「グッドイヤー」のパーカー・フーディーの紹介です。

グッドイヤーユーザー・ファンの民さん必見ですよ!

アメリカナンバー1タイヤメーカー「グッドイヤー」のパーカー・フーディー

世界では日本のブリヂストンそしてフランスのミシュランに次ぐ3位の世界的なタイヤメーカー「グッドイヤー」。 日本でも古くから輸入されている事で人気があるタイヤメーカーですね。

ただタイヤの性格上世界大手3社のなかでは日本の市場では弱い印象を受けます。 印象的なのはロゴでしょうか? タイヤに関してはあまり印象が無いのは私だけでしょうか?

ロゴやグランドをイメージさせる色もカラフルな事もあって、アメリカン雑貨としてはグッドイヤーは人気が高いですよね。 古きよきアメリカ当時の経済界も圧倒的に支配していた強きアメリカを彷彿とさせます。

そんなデザインとしても魅力的なグッドイヤーのロゴもあしらったものも多く、DNAが注ぎ込まれたグッドイヤーを感じさせるカッコイイ出来栄えになっています。

グッドイヤーファンだけでなく自動車ファンの皆様も気に入ってもらえる一品だと思います。

 

楽天で販売しているグッドイヤーのパーカー・フーディー


グッドイヤー goodyear モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear del rio sweatshirt


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear shepherdsville


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear morgan


グッドイヤー goodyear モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear turlock


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear rawlins


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear geneseo


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear ingersoll-sweatshirt


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear brant-sweatshirt


グッドイヤー goodyear モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear flying ohio


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear fayetteville-sweatshirt


グッドイヤー goodyear モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear dovray


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear amarillo-sweatshirt


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear el-paso-sweatshirt


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear dovray


グッドイヤー goodyear モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear toledo sweatshirt


グッドイヤー goodyear モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear oregon sweatshirt


グッドイヤー goodyear モーターサイクル 男性用ウェア パーカー goodyear tyre

以下2点はレディースです

goodyear グッドイヤー モーターサイクル 女性用ウェア パーカー goodyear emporia-sweatshirt


goodyear グッドイヤー モーターサイクル 女性用ウェア パーカー goodyear sonora

 

グッドイヤーと販売の動向

アメリカから始まった格差の広がりはあっという間に日本も飲み込み進んでいます。 派遣の制度を導入した事で中間層は猛烈な勢いで失われた事で、商品の展開も最近では実績にも大きく差が出る事となっています。

日本では低所得者や地方都市に住む国民など弱者に視点を向けた軽自動車というクラスが存在します。 知らない方はいないとは思いますが、軽自動車というクラスは日本しかありません。

そんなところから始まった軽自動車も時代のニーズと技術の発展もあり今では普通車に負けない質感と性能を持つまでになっています。 

そうした事も有り今ではまた市場の4割を越えそうな勢いで再びシェアを伸ばし始めました。そしてこれは自動車だけではなくファーストフードやファミレス食品からアパレルや日常用品にまで中間の価格帯の販売減が実績として現れています。

低価格帯は安定して販売を続け高価格帯も伸びているというマーケットの構造にも表れ始めています。

これはタイヤもそうでして低価格を売りに中国や東南アジアでスタートしたタイヤメーカーが日本でも台頭し始めました。

びっくりするような価格のタイヤも普通に見かけるようになり、多くのタイヤメーカーがその新勢力に危機感を抱いているのが現状です。 日本の製造業が世界のトップ企業から多くのシェアを奪って行ったのを見た世代もいらっしゃるでしょうから、こうした流れが新たに出るのは当然ではあります。

新興勢力の製品はやはり難があることが多くいろいろな声を最初は聞こえましたが、それもあっという間に高評価を出すお店も出るなど品質面でも大きな脅威となる武器になっています。 それで安いのですから少しづつシェアは奪われる事でしょう。

時代の流れとは言えこれからますますグッドイヤーの置かれている状況は厳しいものとなる事でしょう。


コメント