コネクテッド技術の搭載で自動車ユーザーはスマホ必須になる?

自動車

予防安全装備を含む先進技術は乗用車だけでなく、トラックなど事業用の自動車にも標準装備となっているのが当たり前となっています。

そしてその次に標準装備化の流れが始まっているのが、「コネクテッド技術(IOT)」いわゆる繋がる技術と言われる、インターネットと自動車の融合になります。

トヨタも新型クランそしてカローラスポーツからコネクテッド技術を搭載をスタートしていて、いよいよ日本の自動車メーカーもコネクテッドカーがスタンダードな時代へと、急速に普及する事になる始まりの年となっています。

自動車もスマホが鍵代わりになる

トヨタが搭載したコネクテッド技術のサービスでは、緊急時の警察や消防への連絡や自動車の走行データから予防整備への提案そしてナビのサービスの拡充など多くのサービスがいっきに広がる事が分かってきています。

そして車両の状況がスマホをとおして分かるサービスも用意されるなど、走行から得られるデータの活用だけでなく、ネットでつながっている事で鍵の施錠の状況の確認なども出来るなど、心配性の方や防犯意識の高い方も安心なサービスも用意されるなど、IOTならではの便利な技術がカーライフをますます充実させるものへと進化しようとしています。

そしてドイツの自動車メーカー「BMW」では更に一歩踏み込んで、スマホで施錠だけでなくエンジンを始動するリモコンとしても使う事が出来る技術の搭載を予定しています。 リモコン+リモコンスターターがスマホがこなしてくれる事になるわけです。

アフターパーツメーカーにとっては死活問題となりますが、IOTが自動車にもたらす技術革新というのは新たなエンジンが登場する以上にとてつもないインパクトになりそうです。

「NFC」という近距離無線通信規格を搭載しているスマホが対象になるそうですが、このスマホを専用トレイに載せる事でエンジン始動まで出来るそうなので、従来型のリモコンの存在さえ意味がなさなくなってしまうのです。

コネクテッドとか難しい話も多いですが、日常的に使うこうしたリモコンがスマホで代用できるというのは、とてもうれしい事なのではないでしょうか。 携帯というのはほとんどの皆さんが持っているわけですから、このことで持ち歩く荷物も少なからず減るというのもうれしいのではないでしょうか。

紛失とハッキングを常に警戒するのがこれからの常識?

これだけスマホに多用途においてキーデバイスとなっていくと、恐ろしい結果になるのが紛失ですよね。 家にもクルマも鍵が開かないとか支払いが出来ないとか、笑えない状況が予想されてしまうので良いのか悪いのかそう考えてしまう自分もいます。

世の中には良い人しかいないわけではありませんから、もしそうした心無い人の手にわたってしまった場合被害が拡大してしてしまう懸念もでますね。

また今まではどこかの企業や政府機関のハッキング問題というのは度々報じられてきましたが、こうした技術の登場により個人でもハッキングというのは他人ごとではすまない話になってくるのかもしれません。

乗っ取られて鍵を開けられるなんてことから始まり、運転中にハッキング運転を乗っ取られるなんてちょっとしたテロみたいなことだって、現実的な話にもなってきます。

最悪だったリ可能性での話にはなりますが、より犯罪が身近なものになる危険性もはらんでいるのもこうした技術なのかもしれません。 今までの状況が閉鎖された空間だったのにIOTにより世界とつながる事で危険を呼び込むリスクが出るなんてね。

欲望の尽きない人類はこうしたリスクがあっても、結局は進むしかないわけですがはキングに対する対応策はコネクテッド元年の今から対策を強化をしていってもらいたいものです。

不測の事態や最悪の場合という悪い方で考えを巡らせて、対策をしていってもらえないと取り返しのつかない事態に巻き込まれる可能性もありますのでね・・・・・。

せっかくの便利になるものですから、悪い使われ方はされないよう勧めていってもらいたいものです。

コメント