サブスクで苦戦するトヨタ、出足好調なホンダ、両社を分けたものは?

自動車

新車でクルマを購入する方法は、購入だけでなく残クレや個人リースなど時代を経て選択肢が増えてきました。

そして昨年あたりから「サブスク」が飲食店などを中心に採用するお店が増えてきました。

売りたいのは自動車でも一緒で、自動車メーカー各社も参入が続いています。
救世主なりうるかとと思ったかどうかは分かりませんが、トヨタが矢継ぎ早に拡充を進め自動車メーカーでは先頭を走っている状況です。

しかしトヨタのサブスク「KINTO」は苦戦が続いているようです。
国内ナンバー1の販売網を持つトヨタであっても、ここまで1000件ほどと言われています。

トヨタでもこの状況ですから他もダメかというと、以外と言っては失礼ですがホンダのサブスク「ホンダ マンスリー オーナー」は出足好調のようです。

問い合わせも多いうえに、すでに貸し出すクルマの予約がほぼ埋まっていて、急遽台数を大きく拡充するそうです。

この2社なぜここまでの違いが出ているのでしょうか?

ホンダのサブスクは中古車なので料金と最短1ヶ月という利用期間が魅力

ホンダ マンスリー オーナーの最大の魅力はサービス料金です。

税金・メンテナンス費用・自動車保険料込みで、月額税込み2万9800円~です!

そして解約金なしで最短1ヵ月での利用でも可能という、お手軽さも魅力なのです。
これならば興味があった車にお試しで乗ってみるなんて言うのも出来ますし、夏だけオープンカーなんて言うのもありですね。

なのでこの自由度の高さと料金設定が魅力なのです。

用意されているクルマは、フリード・ヴェゼルといった人気車から、今やホンダを代表するクルマにもなっているN-BOXまで多様なクルマが用意されています。

これならば生活や家族構成が変わっていく毎に、変更したりも出来ますのでこういった形も検討してみてもよいかもしれませんね。

中古車というのでためらう方もいられるかもしれませんが、ホンダが用意するクルマですから古すぎるクルマも出所不明の車でもありませんので、この辺りはメーカー系の信用の高さがあると思います。

しかし注意して頂きたいポイントが2点あります。

  1. 中古車なので年式等で価格が変わる、車種でも変わるという事。
    最低限が2万9800円という事なのです。
  2. 現在このサービスを利用できる店舗は、埼玉県和光市にある「UーSelect 城北店」のみです。
スポンサーリンク

トヨタ KINTOの料金や期間

トヨタで今一番ホットなコンパクトカー「ヤリス」の料金を見てみることにしましょう。

ヤリス新車 
ボーナス払い無し

契約期間3年 月額3万9930円(税込み)

契約期間5年 月額3万7070円

契約期間7年 月額3万4760円

契約期間が長くなればなるほど料金が下がりますが、やはりサブスクというにはこの期間はちょっといただけないですよね。

コンパクトカーのヤリスでこの金額ですから、これ以上の上のクラスはどんどん金額が上がっていきます。

ミドルクラスのカローラで月額4万6750円となりますので、あまり魅力は感じないですよね。

手軽じゃないですもん。

ホンダが好調なのは利用期間の短さ

ホンダの方は中古車という事も有り、車種によっては最低限のサービス料金で利用できますが、ヴェゼルなどを選んでしまうと月額は4万円程になります。

なので大きく金額の差があるというわけではありません。
貸し出すのにあまりにもリスクのある車は信用にかかわりますからね。

なのでホンダ好調の理由は最短1ヶ月という本来の手軽さが反映している結果なのではないでしょうか?

よっぽどの仕事などではない限り、どこまで先が読めるのかというのは年々分からなくなってきていますので、契約年数の長さというのはリスクであるという事もありますしね。

より自由度が高く料金も魅力があるホンダの「ホンダ マンスリー オーナー」が、選ばれている理由なのでしょう。

コメント