シトロエン レーシング  ポロシャツ

ポロシャツ

フランス最大手の自動車メーカー「シトロエン」のポロシャツの紹介になります。
シトロエンユーザー・ファンの皆さん必見です!

100年企業 シトロエン

歴史を紡いでいくのは、日本でも世界でも同じこと。
100年を超えるとなると、ほんの一握りにしか許されない一つ目の偉業といってよいでしょう。

今でこそ自動車メーカーは何かあれば国を挙げて支援を受けられますが、シトロエンの創業当時は群雄割拠の時代。

多くのメーカーがしのぎを削っていたので、統廃業は日常茶飯事でした。 ここを乗り越え現代まで残っただけでも経営努力だけでなく、幸運も味方につけなければ辿り着けなかった時代なのです。

ただここまで残れれば安泰ではないのが自動車産業。 
これから続く道もいばらの道。 なのでプジョーとのタッグで荒波を乗り越えてもらいたいものですね。

今回はそんな長い歴史を持つシトロエンのポロシャツの紹介となります。
シトロエンファンの皆さん必見です!

Amazonで販売している「シトロエン」のポロシャツ



楽天で販売している「シトロエン」のポロシャツ


シトロエン Racing ポロシャツ メンズ Mサイズ CR1703M

アフターコロナで自動車産業は復活なるか?

密状態を避けるには効果的という事で、少しばかり自動車への回帰というのも起きているというアフターコロナ時代の始まりです。

分散通勤とか時差通勤とかしても、電車という大きくない空間に多くの人がいるわけですから、リスクというのはどこよりも大きくなってしまいますよね。

同じ人と一緒にいる会社や学校とは違い、不特定多数の方と短時間ではあっても一緒の空間にいるというのもまたリスクの高さは無視できませんね。

なので移動時の方が感染リスクは高いのかもしれませんね。

ということで、元々たかかった自転車やバイクそして自動車での通勤というのに切り替えた人が結構いるそうです。

だからといっても全てではないですし、今車に乗らない方の多くは大都市圏の方が多いでしょうから、そうした層が自動車購入に至るとは思えませんがね・・・。

もともと持っている方が切り替えたというのが、正解なのでしょうね。

そもそも買えない、維持できないという事も有り、こうした地域の方が乗らないという方が多いわけですからね。

なのでアフターコロナで自動車への回帰が始まるとしたら、企業が大都市圏から移転する事が起これば可能になるのでしょう。

密は防げるといっても、そもそもが解決しなければならないのが自動車。
そう上手くはいかないものです。

コメント