シトロエン 純正 キーホルダー・キーリング

キーホルダー・キーリング・キーケース

フランスの自動車メーカー「シトロエン」のキーホルダー・キーリングの紹介になります。
シトロエンユーザー・ファンの皆さん必見です!

グループPSAの中核企業のシトロエン

古くは2CV・DSといった名車と呼ばれる自動車を生産し、今はグループPSAのブランドとして売り上げを伸ばすシトロエン。

オリジナリティ溢れるブランドとして世界中にファンを持つメーカーとして、日本でもクラシックモデルから現在のクルマ迄多くのファンを持つメーカーとして知られています。

昨今の業界再編によるグループ化で独自性が危ぶまれているブランドの1つですね。
まず生き残り続ける為とはいえ、DNAそのものが薄れるのは魅力にも直結するだけに、難しいところではあります。

今回はそんなオリジナリティ溢れる唯一無二の自動車メーカー「シトロエン」のキーホルダー・キーリングの紹介になります。

への字を並べた独特のエンブレムがデザインにも使われていますので、定番アイテムとして、またプレゼント用としても喜ばれる一品だと思います。

シンプルながらも現代でも定番アイテムとなっているキーホルダー・キーリングを、皆さんの自動車ライフにも取り入れていただければと思います。

楽天で販売している「シトロエン」のキーホルダー・キーリング


シトロエン純正 キーホルダー 2CV キーリング キーチェーン AMC070024


シトロエン 本革 レザーキーホルダー/ブラック 【CITROEN】


CITROEN 刻印ロゴ レザー・キーホルダー 【シトロエン】


シトロエン 本革キーホルダーS CITROEN


シトロエン フレンチ レザー キーホルダー CITROEN French Leather Key Holder


CITROEN シトロエン フラット キーホルダー キーリング k047


シトロエン CITROEN 車のキーホルダーイタリア国内販売用


シトロエン 角型・本革キーホルダー CITROEN


シトロエンCITROEN本革製のキーホルダーイタリア国内販売用

Amazonで販売している「シトロエン」のキーホルダー・キーリング

Amazon.co.jp: CITROEN シトロエン フラット キーホルダー キーリング k047: ホビー
Amazon.co.jp: CITROEN シトロエン フラット キーホルダー キーリング k047: ホビー
Amazon | シトロエンCitroenのキーホルダー [並行輸入品] | キーケース・キーホルダー | 車&バイク
シトロエンCitroenのキーホルダー がキーケース・キーホルダーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | New シトロエン キー ホルダー 丸型 New CITROEN Logo Emblem Key Ring Fob 【並行輸入品】 | キーケース・キーホルダー | 車&バイク
New シトロエン キー ホルダー 丸型 New CITROEN Logo Emblem Key Ring Fob 【並行輸入品】がキーケース・キーホルダーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | シトロエン Citroen ロゴ キーホルダー キーリング | キーケース・キーホルダー | 車&バイク
シトロエン Citroen ロゴ キーホルダー キーリングがキーケース・キーホルダーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon.co.jp: CITROEN シトロエン キーホルダー キーリング k027: ホビー
Amazon.co.jp: CITROEN シトロエン キーホルダー キーリング k027: ホビー
個性は場合によっては命取りに

世界的に自動車を取り巻く環境は急速に変わろうとしています。

ユーザーは世界的に増加傾向にありながら、販売の現場では厳しい戦いが繰り広げられています。
先進国では自動車離れ、途上国では資金面から買えないなど、各国のかかえる事情により簡単に右肩上がりの成長を遂げることは不可能となってきています。

格差の広がり・情勢不安等、ネガティブなものからは良いものは生まれては来ません。
そしてネット普及により世界中の情報が瞬時に知る事が出来た事も有り、対岸の火事ではいられない状況になっています。

辿ってみると実は関係性が強かったなど、位置関係は変わらなくても関係性や結びつきはより親密なものへと変わってきています。

今回は長引き世界的にも広がりを見せる展開になっているコロナウイルスですが、私達一般の人でも影響が出るのですから恐ろしい時代になったなと感じますね。

リーマンショックやサーズやマーズなども経験した事にもより、自動車産業の統廃合は広がりを見せています。

大きな力で難局を乗り越えようとするわけですが、デメリットとして個性が消される事につながりますね。

共通化することで高ストの削減を目指すのが最もオーソドックスな形として現代も使われます。 攻めて存続を選ぶのかひっそりと規模縮小して延命するのか?

企業毎に大切なものは違う事もあって、無理なく残せるモノから簡単でないものまでさまざまな事から学び・選択しないといけないのです。

答えは1つではないとはいえ、難しいかじ取りをつづけなければいけないのですから、続けていく事が重要であり未来に続く道が現れるのです。

コメント