シボレー CHEVROLET コルベット  iPhoneケース・カバー

スマートフォン関連

アメリカナンバー1自動車メーカーゼネラルモータースの持つトップブランド「シボレー そしてシボレーの人気スポーツカー コルベット」のiPhoneケース・カバーの紹介になります。
シボレー・コルベットファンの皆さん必見です!

シボレーブランドのフラッグシップカー コルベット

スポーツカーの王道を行くスタイルを維持し続けているアメリカを代表する1台がコルベットです。

日本では失われてしまったロングノーズショートデッキの王道スタイルで、歴史を紡ぎ続けています。
ヨーロッパ車のそれとは全く異なり、荒々しいスタイルはアメリカならではのマッスルカー文化を象徴する1台です。

現行モデルだけではなく旧型も人気が高く、第2世代のC2 第3世代のC3は熱狂的なまでのファンを虜にする名車中の名車として知られています。

私はC3のコークボトルと呼ばれる、よりデザインが荒々しいモンスターマシンぶりがにじみ出ているコルベットがとても好きです。
ここまでのとびぬけたデザインを持つクルマはもう2度と現れることは無いでしょう。

今回はそんなGMのもつ人気ブランドシボレーから販売されているコルベットをもデザインのモチーフにされているiPhoneケース・カバーの紹介になります。

色は派手なのもありますがデザインはシンプルでありながら、コルベットのエンブレムが輝くカッコイイ商品になっています。

シボレーファンだけでなくスポーツカーファンの皆さんもぜひ一度見ていってくださいね!
またプレゼント用にも最適なので、自動車ファンの方へのプレゼントを迷われているようならばイチオシのアイテムがこれです!

楽天で販売している「シボレー・コルベット」のiPhoneケース・カバー


【 シボレー 純正 クーポン対象 】 スマホ カバー アイフォン6 コルベット TPU 衝撃 吸収 ハード ケース レッド iPhone6 アイフォン ケース アイホン Corvette CHEVROLET


【 シボレー 純正 クーポン対象 】 スマホ カバー アイフォン6 コルベット TPU ハード ケース ブラック iPhone6 アイフォン ケース アイホン Corvette CHEVROLET


【 シボレー 純正 クーポン対象 】 スマホ カバー アイフォン6 コルベット TPU 衝撃 吸収 ハード ケース イエロー iPhone6 アイフォン ケース アイホン Corvette CHEVROLET


【SALE】シボレー・公式ライセンス品 iPhone6s iPhone6ケース ハードケース 軽量で薄くシンプルな アイフォン6ケース ハードケース ブランド ブラック ホワイトアルミニウム アルミ iPhone6ケース 薄い 軽い 送料無料 あす楽対応

Amazonで販売している「シボレー コルベット」のiPhoneケース・カバー

Amazon | エアージェイ シボレー(CORVETTE )公式ライセンス品 iPhone6(4.7インチ)専用 バックカバー アルミハードケース ブラック×シルバー COHCP6MEBL | ケース・カバー 通販
エアージェイ シボレー(CORVETTE )公式ライセンス品 iPhone6(4.7インチ)専用 バックカバー アルミハードケース ブラック×シルバー COHCP6MEBLがケース・カバーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | エアージェイ シボレー(CORVETTE )公式ライセンス品 iPhone6(4.7インチ)専用 バックカバー TPUハードケース ブラック COBUP6BL | ケース・カバー 通販
エアージェイ シボレー(CORVETTE )公式ライセンス品 iPhone6(4.7インチ)専用 バックカバー TPUハードケース ブラック COBUP6BLがケース・カバーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon | エアージェイ シボレー(CORVETTE)公式ライセンス品 iPhone6(4.7インチ)専用 衝撃吸収バックカバー ハードケース レッド COHCP6RE | ケース・カバー 通販
エアージェイ シボレー(CORVETTE)公式ライセンス品 iPhone6(4.7インチ)専用 衝撃吸収バックカバー ハードケース レッド COHCP6REがケース・カバーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
コルベットも燃費を気にする時代

アメリカ車とうと皆さんは何を想像しますか?

世界で唯一のトラックが人気の先進国。 無駄に大きい自動車。
はたまた燃料ホースから燃料が漏れるなど壊れるイメージなどなど。

世代によっても違うとは思いますが、多くの方にとって良いイメージよりも悪い方を想像する方が多いのではないでしょうか?

日本メーカーがグローバルに活躍をし始め、世界中でトップブランドとの争いから学びシェアを確実に奪い始めた頃から、品質とコスパが大きく開き始めました。

そこから現在では世界ナンバー1メーカーの座を争う内の2社が日本メーカーとなるなど、日本の自動車メーカーは長らく世界トップメーカーと呼ばれるまでになっています。

アメリカメーカーはそれに反比例する形で、シェアを落としアメリカの全メーカーが会社再生法に頼るという前代未聞の事態にまで発展するなど近年は激動の時代となっています。

流石にここまでくると我が道を行くとはいかずに、エンジンの適正排気量や燃費の悪さの改善などで品質や大きさまでもが変わってきています。

ただ世界中にある国や地域の事情に合わせたクルマ作りはなされていないので、完全復活は難しい気がしています。

今更同じ路線に入ってくるのですから、同じ努力じゃ足りないわけですから、そこまで踏み込めるのかそれに今後の将来性がかかっているのではないでしょうか?

コメント