スクーデリアトロロッソホンダ   傘 アンブレラ  オフィシャル

モータースポーツの最高峰F1に参戦している、レッドブルレーシングのジュニアチーム「スクーデリアトロロッソホンダ」オフィシャルの傘(アンブレラ)の紹介です。

F1そしてトロロッソホンダファンの皆さん必見です!

鮮やかなブルーがトロロッソの証

ホンダPUワークス体制2年目の2019年シーズンですが、ドイツGPにてとうとう初の表彰台3位をゲットしました。

初年度の昨年は信頼性向上でリタイア数は減ったものの、良い結果までには準備不足も有り到達できなかったのでやっとというべきでしょう。
ただ昨年来PUは信頼性・パワー共に向上し続けておりレッドブルで今季ここまで優勝をしていましたので、近い将来やってくれるであろうとは予想されていました。

不運もあったのでこれで連鎖も経ちけれることでしょうから、レッドブルと共に今後F1で台風の目となってくれる事でしょう。

荒れれば優勝も狙えますので、今後も期待しちゃいましょう。

F1人気が下がり続けていますが、ホンダの活躍も有り冷え切っていた日本でもF1に今後多くの目が向く事と思います。
レッドブルと共にトロロッソはホンダがワークス体制で支えるチームですので、日本人ならば応援必須ですよ!

応援グッズとしても使える傘ですので、レース観戦のお供としても活躍します。 当然ながら雨の日も安心です。
憂鬱になりがちな雨もこの傘ならば、そんな気分も一気に吹っ飛びそうですね!

Amazonで販売しているスクーデリアトロロッソホンダの傘

Bitly

スクーデリアトロロッソホンダの今後の活躍は明るい未来

復帰後のホンダにとって大きな課題だったのが、データ不足です。 休止していた時もF1のレギュレーションとマシンに対する技術的な進歩は進んでいたので、マイナスからのスタートのホンダにとっては大きな痛手でした。

随分叩かれる結果にもなっただけでなく、リタイアをしてしまうので貴重なデータが得られないという悪循環にも陥っていた中でのレースでしたのでなかなか難しいものだったようです。

しかしマクラーレンとの決別の翌年となる2018シーズンは表彰台は無かったですが、開幕前テストから壊れることなくシーズンを終えた事で、今期の更なる飛躍へとつながっています。

マクラーレンの非協力的な姿勢の間も着実に進歩は続いていた事が結果として出ていますので、2018年もマクラーレンホンダとして出来たならば復活の年となったかもしれませんね。

ただマクラーレンにとっては膿を出す機会ともなったので、必要だった不振なのかもしれません。ホンダにとっては悪夢の様な日々でしょうが・・・・。
ただ無駄ではなかった日々なのがせめてもの救いです。

トップチームのレッドブルではここまでエースのフェルスタッペンはリタイア「0回」、ガスリーは2回。トロロッソの2人は合わせて3回ですから、まずまずな出来といえます。

そこにトロロッソはないですが、ファステストラップを2回ずつの合計4回もここまでの11戦で獲得していますので、信頼性だけでなく速さも伴ったものになっています。

完走だけでなくいろいろなシチュエーションでもデータをえられていますから、今後更なる成績向上は期待できる事でしょう。

ホンダ復活間近! 見逃せない戦いが続きますよ~

コメント