スナップオン  バック

バック

アメリカの工具メーカー「スナップオン」のバック・カバンの紹介になります。

スナップオンユーザー・ファンの皆さん必見です!

収集心に火が付くアイテム群を誇る スナップオン

プロの整備士から最も信頼され愛されている工具として、最も知名度と人気が抜群なのがスナップオンです。

ミラーツールを始め工具の特許も数多く持つ事で、トップメーカーとしても君臨しているのですが、そんなプロの使う工具がホームセンターなどでも購入できるとあって、素人の方も気軽に買える工具となっていて国産よりも高いにもかかわらず自動車ファンの皆さんからも支持を受けている工具です。

作業で使われる基本的な工具から、特殊用途そして専用工具など様々な商品群を誇るのですが、スナップオンのアイテム数は周辺アイテムにとどまらない展開なので、とてつもないアイテム数を誇るのです。

作業の時にきるツナギやグローブといった周辺アイテムから、ファッションアイテムや小物まで多岐にわたります。
そしてこれに毎年カラーや柄が変わるアイテムもあるので、いつまでたっても収集が終わらないファン泣かせのブランドでもあります。

今回はそんな豊富なアイテム数を誇る工具メーカー「スナップオン」のバック・カバンの紹介になります。

Amazonで販売している「スナップオン」のバック・カバン





メンテナンスや保守は最後まで残る仕事になる

AI・自動化が聖域なく進む現代では、効率化により多くの仕事が失われる事が予想されています。
AIや技術の進歩により省人化になるので、警戒する人も多くいらっしゃるでしょう。

でもそうした事で人がやる仕事ではなくなるのですから、悪い事ではないと思います。
ただそれが今までの人類史において最も早く進行するという事でしょう。

時代劇などを見ると現在とは大きく異なり、AIだけが仕事を奪う要因ではないのがわかります。
ただここまで進化してきた人類の技術がAIに到達し、人に近い能力を持つ技術が開発されるという事に過ぎないのです。

なので大量生産品が最も早く省人化が進むのでしょう。
それは統一された形が生産にもあるので、比較的容易に自動生産が可能なのです。

しかし容易ではないのは少生産品です。
その都度違う生産品への変更や調整をしないといけないのですから、省人化は進んでも無人化は難しいです。

そんな中で最後まで残るであろう仕事は、こうした機械や設備の保守点検です。
交換や調整など、これを個別にいろんな事柄を機械化するには今のところ複雑すぎます。
人型のロボットのような優秀で小型の機会の登場まではその時は訪れないでしょう。

多くの事が出来る機械というのはそうありませんからね。

なのでいわゆる職人仕事として現代に続く仕事以外の作業系は自動化に追い立てられるように仕事を変えていく事を強いられるでしょう。

ただ進む世界は見えてきているし、明日明後日ですぐに変わるわけではさすがに無いので、将来の為に今から少しずつ自分なりの努力をしてみるのはいかがでしょうか?

コメント