スナップオン Snap-on キーホルダー・キーリング

キーホルダー・キーリング・キーケース

アメリカの大手工具メーカー「スナップオン」のキーホルダー・キーリングの紹介になります。
スナップオンファンの皆さん要チェックです!

人気ナンバー1工具メーカー「スナップオン」のアイテムを生活にも 

仕事の道具の工具からミラーツールという収集心くすぐる工具の販売で一躍日本で人気ナンバー1の人気工具メーカーに上り詰めた「スナップオン」。

自動車整備士などのプロだけでなく、自動車ファンの心まで奪った事で人気は不動のものとなっています。

ホームセンターなどでも購入できる事から、ちょっとした自分へのご褒美にも購入できるなど手軽に買えるのも魅力です。 セールスバンでの購入も特別感がありますが、手軽に買えるというのがファン拡大に大きな力となった事でしょう。

そんな人気不動のスナップオンは工具だけでなく日常でも使用できるアイテムからファッションアイテムまで幅広く取り揃えているメーカーです。

自動車ファンならば日常生活の中で使うアイテムも好きなものに囲まれて生活をしたいという方は多いと思います。

スナップオンならばそんな夢をかなえてくれます。
今回はそんなアイテムの中から、キーホルダー・キーリングを紹介したいと思います。

自動車の鍵から家の鍵など、デジタル化が進んだ今でもまだまだ従来の鍵は多く使われていますね。 なので皆さんもいくつかカギをお持ちかと思います。

そんな鍵を失くさない為と自分のだと分かる目印にもなるキーホルダー・キーリングは、定番のアイテムかと思います。 

カッコイイキーホルダー・キーリングをお探しの方、または自動車ファンのプレゼントに迷っていた方にもオススメなのが今回紹介する「スナップオン」のキーホルダー・キーリングになります。

楽天で販売している「スナップオン」のキーホルダー・キーリング


Snap-on(スナップオン)旧型グリップオリジナルキーホルダー


Snap-on(スナップオン)キーホルダー「U-JOINT KEY TAG」


Snap-on(スナップオン)キーホルダー「KEY-BAK SUPER48 KEY REEL」


Snap-on(スナップオン)キーホルダー「METAL PULL APART KEY TAG」


Snap-on(スナップオン)キーホルダー「MULTIFUNCTION KEY TAG」


スナップオンのLEDライト付きボトルオープナーキーリング ■ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 アメリカ 雑貨 インテリア 小物 キーホルダー おしゃれ メンズ キーリング 鍵 人気のアメリカ雑貨屋 アメキャラ かわいい ファッション


スナップオン・ツールズ キーホルダー キーリング おしゃれ 鍵 車 企業 バイク アメリカ アメリカン雑貨 Snap-on Tools 【メール便OK】_KH-025-FEE

Amazonで販売している「スナップオン」のキーホルダー・キーリング

Amazon.co.jp: Snap-on (スナップオン) キーホルダー USA純正 [並行輸入品]: DIY・工具・ガーデン
Amazon.co.jp: Snap-on (スナップオン) キーホルダー USA純正 : DIY・工具・ガーデン
Amazon | Snap-on(スナップオン) キーホルダー 「U-JOINT KEY TAG」 | キーホルダー 通販
Snap-on(スナップオン) キーホルダー 「U-JOINT KEY TAG」がキーホルダーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
自動車が電化すれば修理もデジタル機器が必須に!

ガソリンエンジンを始めとした内燃機関から、EVを始めとした電気で走る車へと自動車は進化しようとしています。

とはいえすぐにはすべての自動車がすぐに変わるということは出来ずに、徐々に電化されたクルマへと普通が変わっていく事でしょう。
そうすべてのパーツがです。

パワーステアリングからサイドブレーキ主要なパーツでもすでに電化が進んでいて、ハイブリット車に関しては更に細部まで電化されたパーツへと切り替わっています。

すると困るのが従来通りの方法では点検整備が出来ないのです。
点検・整備モードに切り替えないと、分解・点検・交換ができなかったりするのです。

なのでまず点検や修理では整備用の端末を接続する事から始まるのです。
これ主要の不具合情報が見れる優れものなのですが、逆にいうと現代の車はこの端末が無いと整備が出来ないのです。

世界には多くの自動車ファンがいらして、世界の多くの国の人はご自分でメンテナンスなどを楽しむ方はいらっしゃるのですが、そうした楽しみ方が出来なくなるのが現代の自動車なのです。

電気で駆動するから端末が必要というのもありますが、それにプラスして作動させる電圧も高電圧で感電してしまう命に係わる場合もあるなどする事でDIYの対象ではなくなるのが自動車なのです。

工具もそれに合わせて感電しない素材で作られたものが販売されるなどしていますから、現代の車を理解していない方は触る事さえ控えた方が良いでしょう。

便利になるという事はその裏に失われるものがある。 この場合はクルマを自分でメンテナンスして楽しむという1つの文化の終わりの到来というわけです。

コメント