スナップオン Snap-on トレーナー・スウェット

トレーナー・スウェット

アメリカの大手工具メーカー「スナップオン」のトレーナー・スウエットの紹介です。
スナップオンファンの皆さん必見です!

ナンバー1工具メーカー スナップオン

世界の工具メーカーからもベンチマークにされるほど、品質・デザイン・機能どれをとっても1流の仕事がされています。

世界中にいる工具にこだわりを持つ方々に最も支持されている事からも、価格に見合った素晴らしい製品づくりをしていることがうかがえます。

日本でもホームセンターやディスカウント店などでも販売されている為、プロだけでなく趣味で楽しむ方まで幅広いファン層を獲得しています。

なので工具だけでなくこうしたアパレルアイテムや小物なども、人気のアイテムとなっています。 特にファッショアイテムに関しては毎年新しい製品が投入されるなどしていて、入手が難しいものも登場するなどファン心理をくすぐるブランドでもあります。

今回はそんな中でも1年を通して活躍してくれるトレーナー・スウエットの紹介になります。 お出かけ用にも作業着にも使えるシチュエーションを選ばない頼もしいアイテムになります。

秋~春の定番アイテム「トレーナー・スウェット」は着回しも良いので、色違いでの購入もオススメです!

楽天で販売している「スナップオン」のトレーナー・スウェット


「スナップオンを着る!」男心を最高に満たしてくれる!スナップオンのトレーナー(レギュラーロゴ・白) ■ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 人気のDIY ブランド Snap-on スナップ オン グッズ インテリア 人気 ツール 工具 道具 用品 通販 ファッション アメカジ


「スナップオンを着る!」男心を最高に満たしてくれる!スナップオンのトレーナー(ファーステストツールズ) ■ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 人気のDIY ブランド Snap-on スナップ オン グッズ インテリア 人気 ツール 工具 道具 用品 通販 ファッション アメカジ


「スナップオンを着る!」男心を最高に満たしてくれる!スナップオンのトレーナー(クラシックロゴ・黒) ■ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 人気のDIY ブランド Snap-on スナップ オン グッズ インテリア 人気 ツール 工具 道具 用品 通販 ファッション アメカジ


「スナップオンを着る!」男心を最高に満たしてくれる!スナップオンのトレーナー(クラシックロゴ・赤) ■ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 人気のDIY ブランド Snap-on スナップ オン グッズ インテリア 人気 ツール 工具 道具 用品 通販 ファッション アメカジ


「スナップオンを着る!」男心を最高に満たしてくれる!スナップオンのトレーナー(レギュラーロゴ・赤) ■ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 人気のDIY ブランド Snap-on スナップ オン グッズ インテリア 人気 ツール 工具 道具 用品 通販 ファッション アメカジ


「スナップオンを着る!」男心を最高に満たしてくれる!スナップオンのトレーナー(クラシックロゴ・紺) ■ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 人気のDIY ブランド Snap-on スナップ オン グッズ インテリア 人気 ツール 工具 道具 用品 通販 ファッション アメカジ


「スナップオンを着る!」男心を最高に満たしてくれる!スナップオンのトレーナー(クラシックロゴ・白) ■ アメリカ雑貨 アメリカン雑貨 人気のDIY ブランド Snap-on スナップ オン グッズ インテリア 人気 ツール 工具 道具 用品 通販 ファッション アメカジ

厳格すぎた日本の制度の明暗

日本には車検という制度がありますが、これは他国ではありません。
車検にとおす為にほぼ新車のままカスタマイズも出来ない、破損したままでも通す事が難しいなど税金だけでなくユーザー負担が大きい制度であります。

ただこの事で乗るには危ない状態のクルマや性能が低下しすぎているクルマなども待ちで走る事が出来ないなど、2次被害的なものが軽減できているのは事実です。

ドアがなかったり銃で撃たれた跡がある車が走っていたりなど、よくアメリカのクルマをメディアで扱っているのを見ますとびっくりしますよね。

ちょっと接触しただけでもぞっとするぐらいのケガにつながる事故になりかねないので、無ければなかったで無法地帯になりかねないのは事実です。

そしてもう1つは中古車としての価値が高まる事です。 これは海外での引き合いも強くジャパンブランドが世界で評価の高まっている理由の1つです。

定期的に強制で点検を受けるわけですから、総じて評価が上がる事につながります。 リセールバリューの良さというのが唯一なぐらいの利点ですね。

その代わり自分で整備をしたりカスタマイズをしたりという文化は大きく育ちません。 だって基本禁止されているのですから。

それにカスタマイズをしてしまうと、リセールバリューは下がりますので悪い結果しか生まないのです。

日本人の新し物好きというのも相まって新車第一主義で文化の広がりがないのが自動車なのです。
未だに販売台数で世界でも屈指の市場なのにも関わらずです。

物を大切にする文化と消費するだけの文化が混在しているのが日本ですね。
それが正しいのか間違っているのかははんだんはむずかしいのですがね・・・。

ただ車検などの制度がなかったならば、ガレージライフやキャンプなどのアウトドアライフなどなど、市民権を得る事もあった未来があるのかもしれませんね。

コメント