スバル トレーナー・スウェット ジッププルオーバー   USA ラリー

トレーナー・スウェット

国内外に熱狂的なファンを持つ自動車メーカー「スバル」のスウェット・ジッププルオーバーの紹介です。
スバルファンの皆さん必見です!

国内最小メーカーながら知名度抜群のスバル

旧日本軍の名機たちの心臓であるエンジンを作った中島飛行機を源流にもつスバル。
現在も国内自動車メーカーの中では最小規模ながら、世界中に多くのファンを持つのは変わらずエンジンと動力性の高さからくる自動車の完成度でしょう。

国内メーカーも長年の切磋琢磨で世界水準を超える自動車を作れるようになっていますが、スバル程のコストパフォーマンスに優れた自動車は限られています。

それに加えてボクサーエンジンという魅力あふれる心臓を持ち、国内だけにとどまらず国外での評価も高いのです。

WRC人気の欧州そして広大な国土と自然を持つ北米でも、そのコスパと運動性能の高さが支持されていて、未だに販売好調が続いています。

その分国内で乗るには大型化しすぎていて、一時は危ぶまれましたがフォレスター・インプレッサーがレガシーの穴を埋めた事により、安定した販売を支えています。

今回はそんな不動の人気ブランド「スバル」のスウェット・ジッププルオーバーの紹介となります。
人気が高い北米のUSスバルからの輸入品となります。

熱狂的ファンが多いスバルですから、スバル製の貴重なアイテムですのでチェックしてくださいね!

Amazonで販売している「スバル」のスウェット・ジッププルオーバー

Amazon | [ SUBARU ] USA スバルラリーチーム オフィシャル Kuhl Revel 1/4 ジッププルオーバー | スバルラリーチームUSA | 四輪競技
USA スバルラリーチーム オフィシャル Kuhl Revel 1/4 ジッププルオーバーが四輪競技ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

今後のスバルはどこへ行く

以前から提携はしていたものの、より一層の協力体制へと移行する事で100年に一度の変革期を乗り越えるベストな方法として、実質トヨタグループ入りする事がアナウンスされました。

リーマンショック時でも成長を続けたぐらい好調でしたが、不正問題に端を発した混乱もあり近年では急速に低迷が進行しています。

新車は好調のようですが、生産規模が大きいわけではありませんので多少多く売れたぐらいではなかなか波に乗れないのも事実です。

軽自動車もやめてトヨタとの共同開発の86/BRZ発売等、資源の集中と新しい分野への挑戦が続いていますがなかなか成果が出るに至っていません。

そんな背景もありより一層のコスト削減を実現するべく一歩も二歩も進んだグループ入りとなっています。

自動運転車・次世代エネルギーの開発競争には莫大な資金が必要になります。 完成していない技術なので小規模メーカーのスバルは厳しい戦いに終始しなければいけませんでした

そんな事情もありグループ化へと移行するわけですが、次世代技術に関してはトヨタが中心となり開発が進みます。

問題があるとするならば、多くのメーカーが独自に開発をしてたり長い歴史を持つ個性をどう残すかでしょう。

内燃機関がエンジンに使われているうちは、個性も出せるわけですがその後に関しては難しいでしょう。

モーターでは個性は現し続けるのは難しいです。 特にエンジンに特徴を持つスバルにとってはどこに向かうのかかじ取りは難しい事になるでしょう。

コメント