スバル STI Tシャツ  superGT ラリー チームレプリカ

Tシャツ

熱狂的ファンが多い事で知られる「スバル・STI」のTシャツの紹介です。
スバルファン・ユーザーの皆様必見ですよ!

スバリストと呼ばれる熱狂的ファンを作り出した唯一無二の自動車メーカー

北米そして日本でもスバリストと呼ばれるほど熱狂的なファンに支えられるスバル。
走る楽しさを低コストで体現できるクルマとして、国内外のファンに愛される自動車メーカです。

ボクサーエンジンと呼ばれる水平対向エンジンとAWDの組み合わせで、悪路も物ともしないその走りは他では体験できないドライビングを体験させてくれます。

またアイサイトという日本最高レベルのドライバーアシスト技術も今のスバルの地位を確固たるものへと昇華してくれた柱とも言われる技術です。

走りと安全性という相反する事を高レベルで融合させたクルマ作りは、似たり寄ったりの車が増えた現代では個性が光る自動車メーカーとして君臨しています。

そんなスバルのモータースポーツ活動で使われるチームレプリカなどを中心に今回は紹介したいと思います。 派手なものもありますが、シンプルでカッコイイデザインのアイテムもありますので、お気に入りの1枚が見つかると思います!

今回はAmazonそして楽天で販売している商品を紹介しています。 日本最大のECですので安心してお買い物を楽しんでいただければと思います。

製品一覧

楽天です


【STI-スバル】ポケットTシャツ(STIベアワッペン付)STSG18100150:S/STSG18100160:M/STSG18100170:L/STSG18100180:XL【取寄せ】【SaM】【コンビニ受取対応商品】


【STI-スバル】フレキシブルタワーバーTシャツ(BLACK×GOLD)STSG17100740(S)STSG17100750(M)STSG17100760(L)STSG17100770(XL)★数量限定のためご用意できない場合があります★【SaM】【コンビニ受取対応商品】【ゆうパケット(メール便)OK】


【STI−スバル】STIスポーツパーツTシャツ/サスペンションスポーツパーツを手書きイラストに仕上げたJAPAN MADE(日本製)Tシャツ【SaM】【コンビニ受取対応商品】


【STI−スバル】コットンTシャツ(チタニウムホワイト)2016年発売モデルSTSG15100810/STSG15100820/STSG15100830/STSG15100840【SaM】【コンビニ受取対応商品】


【STI−スバル】ドライメッシュTシャツ ラグラン袖の採用により、ドライビング時の動きやすさが向上したNewモデル! 【SaM】【コンビニ受取対応商品】


【STI−スバル】STSG17100060/STSG17100070/STSG17100080/STSG17100090【限定品】NBR2017応援Tシャツ【SaM】【コンビニ受取対応商品】


【STI−スバル】【SUBARU/STIチーム】チームTシャツ2018年モデル【SaM】【コンビニ受取対応商品】


STI グツズ スバル GT チームTシャツ [L]

Amazonです

Bitly
Amazon.co.jp: SUBARU/スバル STI【コットンTシャツ(ブラック)】Lサイズ【STSG15100790】: 車&バイク
Amazon.co.jp: SUBARU/スバル STI【コットンTシャツ(ブラック)】Lサイズ【STSG15100790】: 車&バイク
Bitly
Amazon | [ SUBARU ] USA スバル ラリーチーム オフィシャル Kuhl Bravado Tシャツ | スバルラリーチームUSA | 四輪競技
USA スバル ラリーチーム オフィシャル Kuhl Bravado Tシャツが四輪競技ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon.co.jp: STI Tシャツ S ブラック STSG10100400(S): 車&バイク
Amazon.co.jp: STI Tシャツ S ブラック STSG10100400(S): 車&バイク
Amazon.co.jp: STI Tシャツ S ブラック STSG10100400(S): 車&バイク
Amazon.co.jp: STI Tシャツ S ブラック STSG10100400(S): 車&バイク
Bitly

唯一無二の自動車メーカー「スバル」

自動車メーカーが景気悪化で苦しんでいた時も、北米人気にも引っ張られて右肩上がりの成長を続けていたのがスバルでした。

しかし数々の不正問題そして隠蔽体質の露呈した事により、流石のスバルも前年比マイナスに陥っています。

そこに追い打ちをかけるように、リコールがまた厄介な修理内容という事も有り、国内では大きな信用を失う事態となっています。

販売好調でも無理に生産台数を増やさないと堅実にクルマ作りをしている印象を持っていただけに、大きな失望に繋がっています。

信用を得るのは長い時間がかかりますが、失うのは一瞬というのをまさに体現したような出来事です。

そういう言葉にもあるように信頼回復は長い道のりになる事でしょう。 ましてや不正してからの復活ですから余計に時間がかかる事でしょう。

ただ自動車産業が直面している事態はとてもハードルが高く、そして待った無しに望まれる変革期でもあるので、スバルにどれだけ時間が残されているのか予測するのも難しいですね。

EVそして自動運転車ともう運転を楽しむという時代は終わりを迎えようとしています。 楽しむものから単なる移動手段としてのクルマという時代になろうとしているのです。
楽しむというのは分離される事になると私は思っています。

自動車の運転を楽しむというのはサーキットなどの、専用の施設で楽しむものへとなると思っています。 そうしないと自動運転というのは実現させるのは難しいのです。

まさしくこれこそが趣味はクルマと呼べる時代になるという事に感じます。 

なのでスバルの進む道は私は変更するべきだと感じます。 直近は今のコンセプトでもいいのですがもっと先を考えると・・・・。

これを機に大きく転換をする機会ととらえるべきじゃないかと思うのですがね・・・・。

コメント