スバル STI  傘 アンブレラ 折り畳み傘 

スバリストと呼ばれる熱狂的ファンを持ち、北米でも引く手あまたな自動車メーカーとして名を馳せているスバルの傘(アンブレラ)の紹介です。
スバルファンの皆さん必見です!

国産自動車メーカーでは唯一の軍需の一端を担う スバル

バブル期の苦い経験から自動車メーカーは多角化からは距離を置いてきました。 しかし辛い時代を乗り切った事で再び成長へと転じました。
この事もあって自動車メーカーの得意とする内燃機関を中心とする産業等に販路を伸ばいしてきています。

ホンダの様に空への進出を果たしてしまった自動車メーカーまでいますね。 そんな中スバルは前身が中島飛行機という事もあって航空機と自衛隊の航空機関連という2つ目の柱を持っているメーカーです。

ボーイング社の航空機の重要なパーツの製造を担うなど、日本有数の技術を持つのがスバルなんです。
一応自動車はスバル、航空・軍需は富士重工となっていますがここではスバルとさせてもらいます。

星型エンジンから水平対向エンジンへと主力が移ったように、今では自動車の方も経営の柱に成長しています。 特に北米や北欧など4DW必須の地域では値段と性能の高さから不動の人気を得ています。

今回はそんなスバルとSTIの傘の紹介です。 普段使いできるオシャレなものから、いざという時の為に便利な折り畳み傘も用意されています。

自動車ファンそしてスバルファンの皆さんにはマイカーに常備しておく傘としてもイチ押しです!

今回は楽天とAmazonで販売している「スバル」の傘の紹介になります。
シンプルなデザインなのでどんなシーンにも合う1本となっています。

楽天で販売している「スバル」の傘


【STI-スバル】STSG16100900 アンブレラ CLASSICBLUNT(ブラント)社とコラボした高品質な傘!【SaM】


【STI-スバル】FHWP15013003 折りたたみ傘(カモフラ柄・迷彩)【コンビニ受取対応商品】


【STI-スバル】FHWP15013002 折りたたみ傘(ネイビーボーダー柄)【コンビニ受取対応商品】


「STSG15100710」フォールディングアンブレラ METRO雨具 傘 カサ 折りたたみ傘【コンビニ受取対応商品】◆SUBARU純正/STI正規品スバル純正品&STIパーツ

こちらは傘カバー・ホルダーになります

【STI-スバル】STSG16100940 アンブレラカバーありそうでなかったSTIの傘ホルダー!【SaM】

ここからはAmazonで販売している「スバル」の傘

Amazon.co.jp: STI アンブレラ CLASSIC 品番STSG16100900: 車&バイク
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、STI アンブレラ CLASSIC 品番STSG16100900を 車&バイクストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
Amazon.co.jp: SUBARU/スバル STI【フォールディングアンブレラ METRO/傘】STSG15100710: 車&バイク
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、SUBARU/スバル STI【フォールディングアンブレラ METRO/傘】STSG15100710を 車&バイクストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
Amazon.co.jp: SUBARU【スバル純正】STI 【フォールディングアンブレラ STIモノグラム/傘】: 車&バイク
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、SUBARU【スバル純正】STI 【フォールディングアンブレラ STIモノグラム/傘】を 車&バイクストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。

傘ではなく傘カバー・ホルダーです

Amazon.co.jp: SUBARU【スバル純正】STI 【アンブレラカバー/傘カバー】: 車&バイク
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、SUBARU【スバル純正】STI 【アンブレラカバー/傘カバー】を 車&バイクストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
スバルの今後は

北米人気に押されて無理な拡大路線に舵を切らなかった事により、落ち込む需要にあえぐ自動車メーカーのなかにあって大きすぎるぐらいの打撃は受けないですみそうです。

しかしながら続く不祥事により国内ではより厳しい状況へと向かっています。 流石にリコールも連発すれば仕方がないですよね。

時間をかけて誠実にクルマ作りを続けていけばいずれ復活してくる事でしょう。 しかし長期的に見るとスバルは厳しい気がしています。

1つは先行していた支援システムの優位性はほぼ失ってきた事。
自動ブレーキからのドライバーの支援システムの発展はスバルがトップランナーでした。

現在もアイサイトは最高評価を得ていますが、しかし他社も頑張っていて特にモービルアイの製品を採用しているメーカーの性能は互角とも言われています。

ですので既に優位性は失われたと言ってよいでしょう。

そして2つ目はスバルの象徴「ボクサーエンジン」です。
重心を低くすることが出来るので、抜群の運転性能を実現してくれるパッケージなのですが・・・・。

低燃費化は逆に難しいのです。 今ではハイブリットはあって当たり前そして燃費が悪いクルマなんてスポーツカーでも妥協されないくなってきています。

今はまだ少しでも燃費は改ざんされていますが、もう無理となった場合スバルは水平対向エンジンを捨てる事が出来るのか?

象徴を捨てる勇気がスバルにはあるのでしょうか?  いつまでも過去の栄光にとらわれていたのでは目まぐるしく常識が変わっていく現代の荒波を乗り越えられませんからね。

コメント