スバル離れ加速 リコール多発で再建の道は遠い

自動車

残念な事にスバルからリコールの発表がありました。ブレーキペダルを踏んだ事を感知するスイッチの不具合だそうで、ブレーキランプが点灯しないのはもちろんの事エンジン始動不良という最悪な現象も発生するよです。 対象はフォレスターとインプレッサーで30万6728台が対象となるそうです。

しかしこれには続きがあり、2008年9月~2017年3月に製造した車が対象となるそうで、これが全てリコールになるとその数、国内外合わせて226万台に上るスバル過去最大規模のリコールになりそうだという事です。

現在の日本市場の年間の新車販売台数が500万台程ですから、その半分ぐらいとなるとスバルの規模からすればとんでもない台数となりそうです。

リコール逃れと言われても仕方がないスバル

2013年6月以降から1399件もの不具合発生の報告が入っていたものの「原因究明に時間がかかった」との事でここにきてリコールとなったとの事なのですが、対応がずさんと言わざるを得ないですね。

他にもエンジン関連などのリコールがあったりもしていますから、この対応のまずさと言うのは目立ってしまいそうです。 さすがに経営陣の危機管理能力や姿勢というのもより厳しい目が向く事になるでしょう。

トヨタが台数を追いいろいろな問題が出て苦しみましたが、同じ販売台数増加で起因する事ですが、中身が違い過ぎるしあの時のトヨタの姿勢を振り返ってもトップが矢面に立ち自らの言動で説明責任を果たしたのに対して、スバルは次から次へと問題噴出。

まだ何か出るのではないか?まだ隠しているのではないか? そんな声が聞こえそうなぐらいの追い込まれた状況です。

スポンサーリンク

トヨタとの協業はスバルにとっては間違いだったのかもしれない

トヨタとの協業により車種を絞り資源の集中でより走りに磨きをかけようとしていたのは、正解なのかと思っていたのですがこうなってくると疑問でしかありません。

独自路線で自動運転車に関する考えも違うなんて言っていましたが、北米人気におごり何か履き違えたのかもしれません。

「水平対向エンジン」と4WDシステムに虜になっていたのはユーザーではなくスバル自身だったのかもしれません。

ガソリンエンジンからEVへ、4WDも電化が進んだ事でモーターで今では簡単に電子制御の4WDシステムも構築可能となった今、スバルの魅力とその先が疑問視していたのです。 世界の自動車メーカーはシステムこそそれぞれで開発していても、基本は突飛なものでは無くただの完全無人の自動運転車の開発なんですよね。

もうそこに公道での人の運転する未来は描かれていないのですよ。 にもかかわらずスバルはいつまでもボクサーエンジンで走る事を追求している感がありましたよね。 確かに運転を楽しみたいと思う方は未来もいるでしょうが、それを許されるのが公道なのかというと自動運転車のある未来には無いと考える方が普通じゃないでしょうか? だって自動化されたところに周りの機械と意思疎通が図れない人の操縦する車があればイレギュラーでしかないですからね。言い方は悪いですが人間の体内で流れを乱す細菌やウイルスみたいなものでしょう。

なので自分たちの持っている物は未来永劫魅力があるコンテンツだと勘違いしたのではないでしょうか? 冷静に今と未来を見れていなかったと思えてきます。

スバルは2019年も販売台数は減少へ 北米だよりが鮮明に

2018年も販売台数が減少していましたが、2019年も更に悪化する予想が出ています。 まぁ当然そうなのですが。

2018年も100万台を3年振りに割るそうで、拡大傾向が一転して大幅減が加速してしまいそうです。 この状況下で北米人気はどこまで続くのか不透明ですが、国内に関しては再起は遠いでしょうから北米に頼らざるをえないのですがね。

時代が進むスピードがますます加速する中、スタンダードもどんどん変わってきています。 特に自動車は自動車が誕生して以来の大変革がまさに起こっている最中ですから、あらゆる可能性を考慮しつつも未来を見て冷静に判断をしていかないとあっという間に振り落とされてしまいます。

時にはつらい決断も必要でしょう、しかし続けていく事が企業にとっては重要ですから冷静に自分を見つめ判断をするそんな経営をしていかないと時代の荒波に1番最初に飲み込まれるのはスバルになってしまいます。

コメント