ダイハツ コペン パーカー・フーディー

パーカー・フーディー

トヨタグループのなかで、軽自動車・小型車をメインに扱う「ダイハツ」の人気軽スポーツカー「コペン」のパーカー・フーディーの紹介です。

ダイハツ・コペンのユーザー・ファンの方必見です!

ダイハツの販売する軽オープンスポーツカーのコペンのパーカー・フーディー

スポーツカーという分野ながらオープンカーという最大の魅力をゆったりと楽しむ、走りではなく堪能するクルマとして長く愛されるコペン。

そんなコペンだからこそ、長く乗り続けてくれる多くのファンがついているクルマですね。 こんかいはそんな熱烈なコペンユーザー・ファンの方に見てもらいたいファッションアイテムの紹介になります。

愛車のコペンに乗る際には着ていただけるとより楽しいひと時が過ごせること間違いなしのファッションアイテムです。

コペンのワンポイントのエンブレムだけとシンプルデザインとなっていますので、さり気ないおしゃれとしても楽しむ事もできると思います。 またシンプルデザインですから、シーンを選ばず大活躍してくれるアイテムになること間違いなしです。

 

Amazonで販売中のコペンのパーカー・フーディーです

Amazon.co.jp: ダイハツ コペン (DAIHATSU Copen) パーカー ブラック・L: 車&バイク
Amazon.co.jp: ダイハツ コペン (DAIHATSU Copen) パーカー ブラック・L: 車&バイク

ダイハツ・コペンの歴史

ダイハツが販売する軽自動車規格のオープンスポーツカー「コペン」

2002年から販売がスタートして一時は生産は止まりましたが、軽自動車人気も有り2014年第2世代となる現行モデルの登場によりオープンカーを軽自動車でも楽しめる唯一のクルマとして現在に至っています。 ホンダ・S660の登場により「唯一」ではなくなりましたが、方向性の違う2台は時に比較されながら、軽自動車市場を盛り上げる希少な軽オープンカーです。

オープンカーというと、世界的な人気を誇るマツダ・ロードスターがありますが、コペンは軽自動車規格ということもあり、輸出対象になるのは難しいのですが引き合いが強い為にいくつかの地域に輸出された希少な1台です。

現行モデルは輸出されているかは分かりませんが、初代は右ハンドルにもかかわらず輸出されたそうです。 ドイツにも輸出されたとか。

オープンカーの楽しむというとやはり屋根が無い事による、解放感ですよね~。 気持ちの良い空気を感じられる春や秋になると乗ってみたくなる方は多いと思います。 エアコン使わないシーズンはいいなとは思いますよね?

ただ通常は通勤や週末だけ利用というのが、多くの方の利用の仕方だと思うので、実際に購入となると二の足を踏むのがオープンカーではないでしょうか?

第2世代はオープンカーという価値観だけでなく、簡単に着せ替え人形のようにボディパーツを交換できる「Dress-Formation」なるものが採用されています。

ただのエアロやカラーの変更ばかりではなく、初代の様な丸みあるヘッドライトにもできるなど、大きく見た目を変える事が出来る面白い試みです。

見た目が大きく変わる事が出来るために、長く楽しんでもらえるという意味では成功とも言えるのですが、なにぶんにもこのパーツが塗装もいれるとそれなりなお値段になるのが残念なところです。

プリウスがプリウスというだけでは売れなくなった来た今。 こうした長く乗ってもらえるクルマづくりというのはとても好意を持つ取り組みです。

もったいない発祥の国としては、こうした車がもっと増えてくれることを期待したいと思います。 多様性が持てるように国も変わっていただければいいのですがね。

コメント