ダンロップ モータースポーツ ポロシャツ

ポロシャツ

現代でも使われているタイヤを発明したジョン・ボイド・ダンロップにより創業された「ダンロップ」のポロシャツの紹介になります。
ダンロップユーザー・ファンの皆さん必見です!

現代でも使われている空気入りタイヤを生み出したのがダンロップ

イギリス・スコットランド出身のダンロップの発明により、創業されたのが始まりのダンロップ。

タイヤの特許を申請したのが1887年といいますから、世に誕生してから約140年程になります。

逆にいうと140年もの間大きな違いが無いのが現在のタイヤなのです。
乗り心地と接地力そしてコストを考慮すると、最善なのです。

もしこの形が変わるのならば、今開発が進むエアレスか接地しない「浮く」ということになるのではないでしょうか?

さて今回は現代でも当たり前の様に使われる空気入りタイヤを始めて世に出したダンロップのポロシャツの紹介になります。
ダンロップファンの皆さん要チェックです!

Amazonで販売している「ダンロップ」のポロシャツ





〈ダンロップ・モータースポーツ〉 衿ジャカード長袖ポロシャツ(3色組)
DUNLOP(ダンロップ)
細部にまでこだわった秀逸のデザイン。 目を引くロゴ使いや針抜きで表現した衿のダイヤ柄。シンプルな中に、お洒落心を醸し出すブランドポロシャツ。

楽天で販売している「ダンロップ」のポロシャツ


フレンドリー ダンロップ・モータースポーツ 大人のこだわりデザインポロシャツ 3色組 957591 1セット(3枚:3色×各1枚)


ポロシャツ S M L LL 3L <ダンロップ・モータースポーツ>試して納得!定番半袖ポロシャツ(S〜3L) ベルーナ 40代 50代 60代 メンズ 紳士 大人 ファッション 夏 夏服 シャツ

現代に続く空気入りタイヤは140年程前にダンロップにより発明された

当時はホイルは木製だったようですが、基本構造は現代でも同じように使われている構造が発明したのが、ジョン・ボイド・ダンロップなのです。

ダンロップが発明したのは、タイヤの中にチューブがあるタイプでした。
さすがに現代では自動車用ではチューブレスとはなっていますが、まだまだこのタイプを使っているものは多く残っています。

メンテナンスも価格も安価なので自転車等ではまだ現役なのです。

自転車も今ではチューブレスを採用するメーカーも出ていますので、徐々に自転車もそうなっていくのでしょう。

コストが今はネックですからね。

さて次世代タイヤの開発は各メーカーが懸命にやっていますが、やはり次の段階はエアレスになるでしょう。

パンクも無くなります空気圧のチェックもしなくてもよくなりますので、順序で言えばエアレスという事なのでしょう。

しかしホイルにかかる荷重などは、素材など現代の技術で何とかなるでしょうが、乗り心地が問題になるでしょう。

これが悪いのでは乗れたもんではないですからね。
良いものから好き好んで悪い方を選ぶ人はいませんから。

浮くというのが現段階では無理っぽいので、次世代はエアレスでしょう。
空をクルマが飛び交うなんてのは、それこそ自動でなければ危なくてしょうがないですからね。

コメント