テキサコ  Tシャツ   石油ブランド

Tシャツ

かつては石油市場を牛耳るセブンシスターズの一角であった「テキサコ」のTシャツの紹介になります。
自動車関連・レトロブランドでTシャツをお探しの方にはオススメです!

古き良きアメリカ時代の象徴の1つ 石油ブランド

アメリカの歴史は石油と共に広く大きく世界に広がったそう思えるほど、石油とアメリカの関係は深いのです。

石油のシェアのほとんど手にするなど、アメリカ初の大資産家と呼ばれる事になる「ロックフェラー」。
ニューヨークにあるビルは聞いた事があるのではないでしょうか?

産業にとって石油製品は切っても切れないものですから、その川上に属する石油メーカーが莫大な利益を生むというのは当然の流れです。

アメリカが世界経済を制する原動力にもなったわけですから、この時代を代表するものが石油といってもよいでしょう。

自動車関連でアパレルアイテムを探すとなるとやはり石油系メーカーは外せません。 モータスポーツ活動にも積極的ですし、すでに失われたブランドもありますのが魅力的なロゴを持つ企業も多いので注目です。

今回はそんな石油系ブランド「テキサコ」のTシャツの紹介になります。
レトロデザインが今となっては味があって魅力的です。 現代とは色使いも違うので逆に新鮮な感じがします。

ご自分用もいいですが、プレゼントとしても喜ばれますので、誕生日や父の日など記念日に送ってみるのもオススメです!

楽天で販売している「テキサコ」のTシャツ


RETRO BRAND T-SHIRTS [TEXACO GASOLINE] / レトロブランド プリントT シャツ

業界再編の波は始まったばかり テキサコは消滅か?

アメリカから始まった石油事業も今では世界各国で開発が進み、石油資源の枯渇はどこへ行ったのかと思うほどです。

原産国がアメリカから中東へと中心が移った事で、当初石油を制していた企業の多くは統廃合で全く形を変えているところがほとんどです。

そして新たなシェール革命により再びアメリカが最も資源量が大きい産出国へと変わろうとしています。

地球温暖化の影響もあり、技術が進んだ事で石油依存も小さくなった事で需要は下がっていく事も予想されます。

なので今までの様に勢力図が一気に変わるということは無いのかもしれませんが、一極集中は何かあった場合困るでしょうから石油系企業は増えるのかもしれません。
なのでそういう中小規模の統廃合は進むように思えます。

日本ではガソリンスタンドのブランドが4分の1程になってしまう事態です。 それほど市場環境は大きく変化をしています。

この辺りは石油元売りよりも先に変化にさらされているからなんでしょう。

残そうとする動きや人気がないブランドは今後もあっけなく消えていくのでしょう。 元売り・小売り関係なく進むでしょう。

効率化や省人化をすすめていかなければ生き残れないのは他の産業と一緒です。
しかし他の産業よりも環境負荷が大きいですし生活に欠かせない手軽で安価なエネルギーですので、国家や世界という単位でプロジェクトが動くので石油系はより早く厳しいのだと思います。

コメント