テキサコ キーホルダー・キーリング

キーホルダー・キーリング・キーケース

アメリカで創業された石油メーカー「テキサコ」のキーホルダー・キーリングの紹介になります。
テキサコファンそして古き良き時代のアメリカ文化のお好きな方は要チェックです!

オールド クラシック 石油ブランド テキサコ

シェブロンの傘下に入った事でアメリカの一部を除きテキサコブランドはすでに終了しています。

なのでテキサコブランドを求める方は、古き良きアメリカ・世界を席巻していたまさに時代と世界を制していた時代の文化をお好きな方が多いのかなと思います.

またこの頃のブランドのロゴはクラシカルなデザインで人気が高いので、ファッションの一部としてのロゴに魅力を感じる方なのかなと思います。

色使いも今とは違いはっきりとした色ではないのも、時代を感じて今となってはこのカラーも「味」と感じますね。

こんかいはそんなオールドブランド「テキサコ」のキーホルダー・キーリングの紹介になります。

オールドファンの皆さん必見です!

楽天で販売している「テキサコ」のキーホルダー・キーリング 


テキサコ キャラクター キーホルダー TEXACO Character Key Chain

世界一の産油国となったアメリカの未来

これまで必要以上に介入を続けた中東に興味を失うきっかけとなったのが、アメリカが世界一の産油国になったからと言われています。

石油埋蔵量が世界一の中東から始まり東南アジアなど、アメリカへと続くシーレーンとなっていた事も有り石油確保というお題目があったからこそ介入をしていました。

安定という表向きの理由はありましたが、実際は自国の経済にとって石油は必要不可欠であったので積極的だったのですが、自国で石油がとれるのであれば多少コストが高くても無理をしなくてよいというスタンスに変えるのはごく当然の流れでしょう。

ただアメリカの場合シェール層という地層を破壊して石油を得るという方式の為、環境汚染や地層破壊の影響で地震が多発したり等しているそうです。

あるといってもこれでは安定的な確保というには程遠いと感じます。 自国で賄えるというのはとても魅力ですが、コスト以前に環境に与える影響が大きいのでは、今の時代では本末転倒ですね。

このシェール層はアメリカにのみあるものではなく世界各地にあるそうですね。
日本でもあって試験的に掘削を行っています。

化石燃料の削減を世界的に目指しているのですから、日本はシェールオイルに関しては無駄なお金をかけて商業ベースに乗せようだなんて無駄なことはやめて欲しいものです。

災害も多い日本ですから、より地球に優しいエネルギーミックスへとシフトして頂きたいなと思います。

コメント