テスラ・モデル3の登場でEVも本格普及なるか? 販売も店舗無しネット販売のみへ

登録車

スペースXのイーロン・マスク氏がCEOを務めるアメリカのEV自動車メーカー「テスラ」から、普及モデルとなるモデル3がやっと販売が開始されました。

生産ラインでの遅延が何かと話題になり、大丈夫?なんて声も聞こえてましたので心配していましたが、とうとうこの日がやってきました。

日本では日産リーフがいち早く量産EVの販売を開始していましたが、今更言うまでもなく大きなシェアをとるというところまでは至っていません。

ただ欧州や世界最大の自動車マーケット中国でもEV導入へと舵を切った事により、今までにないぐらいEVへの注目度が高まっています。 世界的に盛り上がりつつある今手頃な価格のモデル3の登場はEVの普及に大きな役割を果たせるのでしょうか?

モデル3の仕様は航続距離の違う2つ 価格は390万円から

航続距離の違いにより2つの仕様が用意されています、220マイル走行できる標準と325マイルの長距離RWDモデルとなります。

マイルですので分かりやすいkmでの走行距離を下に書いておきます。

220マイル (350km)

325マイル (520km)

価格が390万円~という事も有り本格的なEV普及元年となるのか世界中で注目度が増しているところですね。

車体のサイズも手頃なのもモデル3の特徴です。 何でも大きい国のアメリカなのですが、日本でもジャストサイズなので数年もすれば日本でも見るようになるクルマとなるかもしれません。

全長   4676㎝

全幅   1885㎝

全高   1435㎝

日本の規格から言えば横幅だけ3ナンバーサイズの「3.5ナンバー」と呼ばれるサイズです。アメリカの自動車メーカーだからといっても大きくないのです。

スポンサーリンク

モデル3はネットのみでの販売?  試乗は出来ないらしい

テスラが販売方法についても既存の方法からネットのみへと変更される事が発表されました。 これまであったリアル店舗は売却されてネット専業へと移行します。 理由は言うまでもなくコストカットです。

モデル3だけでも6%もカットされるほどの効果があるのだそうです。 人件費とショールームにかかるお金を考えればテスラだけでなくユーザー側も大きな利点となりますね。

しがらみの少ないベンチャーからスタートしたメーカーだけあってあっさり移行しちゃいましたね。 ディーラーなどをすっ飛ばす事で中間業者がいなくなるわけですから価格破壊というか商売の仕方じたいの破壊になる試みですね。

ただ自動車は売っただけで良いものではなくメンテナンスが必要な乗り物ですから、この辺りのオート体制はどう構築するのか? まだまだ分からない事の方が多い状態です。

さて実店舗を持たないという事で見る触るという事だけでなく乗る(試乗車)が出来ない事になります。 試乗に関しては出来ない分返品期間が設けられるのだそうです。 設定している条件を満たせば新車で公道を走った後でも無料で返金されるのだそうです。

車に大きな自信を持っているようで「返却される確率は少ない」そう確信しているそうです。魅力があれば買うという自信と確信を持っているという事なのでしょう。

テスラの自動車販売はネット専業に どうなっていくのだろう自動車は

現在はすべての自動車はディーラーで販売されています。 テスラはこれもやめて言わばメーカーオンラインショッピングへと移行します。

高額な自動車そしてメンテナンスが必要なのは当面変わりませんからこれがどう出るのかです。量産メーカーは後々の事も考えないといけませんからね。

自動車が内燃機関からEVになるように、自動車の販売はネットで!なんて時代が来てしまうのでしょうか?

テスラだからこそ出来るチャレンジングな試みです。 モデル3も気になりますがネットでの販売その動向も大いに関心が出てきました。

それなりのデータが出てくるまでは時間がかかると思いますが、今後の展開がいろんな意味でも大変注目な出来事になるのではないでしょうか?


コメント