デジタルドアミラーを世界初採用するのはレクサス・ES

登録車

2016年6月国土交通省が道路運送車両法の保安基準の一部を改正して、現在主流となっている鏡を使ったドアミラーから電子ミラーを認可する基準が作られました。

海外ではすでにルームミラーが国際基準が作られていて、電子ミラーの製造が可能になった事により、日本でも製造が可能になるようにと法改正が行われていました。 それから2年とうとう世界初のデジタル式のドアミラーが世に出る事になりました。 がよくもここまで海外メーカーがこれまで搭載せずにいたもんだって感じもします・・・。

デジタルドアミラーを採用するのは日本向けの新型レクサス・ES

レクサスではミドルクラスのES。 日本では初登場となるのですが、レクサス創業時からラインナップにはあったので実は今回のモデルチェンジで7世代目となります。 レクサスの中では最古参の車種なんですよね。

レクサス名ではなかなかピンときませんが、昔のトヨタの車名ですと「ウインダム」となります。 そうこれ覚えている方もいらっしゃると思いますが「FF車」なんですよね。 ですのでレクサスではHSに次ぐFF車の登場となります。

ただどうなんでしょう。 先行販売されたカムリはなかなか売れているようですが、そこにまたESを持ってくるという戦略は。 私なんかでは全く想像が出来ませんが・・・・。

ラインナップは減らすと言っていたのに、なんだか重複してラインナップを増やすとかこれもまたやり方としてはどうなんだろうというところです。


デジタルミラーの利点は夜間・雨天時にあり!

デジタルミラーは鏡からカメラになる事によるミラーの小型化やデザイン性だけではありません。 どちらかというと要の後部の視認性の高さです。

最近ではルームミラーにデジタルを採用する車が登場していますが、これもルームミラーに後部に乗る人ガ映らないというのがメインではありませんね。 こちらもそうなのですが夜間や天気の悪い時でも視認性が高いのです。 モニターですので明るくはっきりと見えるんですよね。

今回レクサス・ESで採用されるデジタルミラーには、カメラにヒーターを内蔵しているので曇りや雨の時でも視界を確保しているのです。 ミラー自体も雨がかかりにくく作られているそうなのでこの両方で常時視界を確保してくれるという優れものです。

モニターはピラーの所に着けられるのでより視線の移動も少なくなり、尚且つ視界が悪くなる夜間そして雨などの天気が悪い時にもこれまで以上の視認性が確保されますので、より安全運転につながるという優れものです。

またデジタルならではなのが、後退時そしてウインカーを作動させると広角になるようでそれにより死角ができにくくなるそうです。 昔バックするとミラーの角度が勝手に下向きになるのがありましたが、それが現代版・デジタル版となるとこうなるって感じなんでしょうね。

さて今回採用されたのはあくまでドアミラー自体はあるタイプです。デザイン的には見慣れないので奇妙にも思えるのですがね・・・・・。 これからはミラー本体自体も無いものや、形が全く異なるものなどが出てくるのでしょうかね。

まぁいずれにせよいろいろなものがデジタル化・電子化されるというの安心・安全を手に入れるためには必須な技術です。 自動運転技術の基礎となるデータの1つともなるものなので、こうした技術そして実装される事でのコストダウンが一層進めばいいなと思っています。

やっぱりこうして目に見えて進化していく過程を見れる方がやはり受け入れやすいなと私は感じています。


コメント