デミオもマツダ2へ マツダ日本語車名廃止が進む

登録車

2019年9月12日に一部改良したモデルの販売開始と共に、デミオからマツダ2へと社名変更をして販売される事が発表されました。

マツダが販売する登録車の中で最も小さいサイズのコンパクトカーであり、グローバル戦略車でもあるデミオですが、世界ではマツダ2として販売していたのでこれを世界統一された事になります。

これもグローバル化が進んだ今では仕方がないのかもしれませんが、慣れ親しんだ名前ではなくなるのはちょっと寂しいですね。

フルモデルチェンジではなくイヤーモデル

名前も変える事からフルモデルチェンジかと思いきや、新装備へと更新されたイヤーモデルでした。

最近ではフルモデルチェンジまでの期間が長くなっていますから、マツダだけでなく他のメーカーでも採用していますので真新しい事ではなくなってます。

ただ統一デザインのマツダですから、詳しくない方からするとフルモデルチェンジなのかどうかも分かりづらいと思いますので、あえて書かせていただきました。

それに1300ccから1500ccのエンジンへと切り替えたのもイヤーモデルでしたから、マツダもより早く進めようという意識の結果でしかないのかもしれませんね。

スポンサーリンク

マツダ2の主な変更点

  • サスペンションシステム(足回り)
  • 頭がぶれにくいフロントシート
  • Gベクタリングコントロールプラス
  • マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール
  • アダプティブLEDヘッドライト

新技術やバージョンアップされた機構など、最新の技術へと更新されました。

特に安心安全への意識も期待も大きいだけに、この分野はいち早く最新のバージョンへと更新されています。

特にACCとよばれる追従型のクルーズコントロールは、高速運転の際にドライバーの負担を軽減できる事が期待されていますので、この採用はうれしいですね。

マツダ2はマツダのエントリーモデルですから、年齢もドライバーの技術も様々な方が乗る機会が多いクルマですから、ドライバー支援システムの拡充というのは負担軽減だけでなく事故率の減少迄も影響するものになるので、こうしたエントリーモデルや普及車に積極的に採用してくれるのは自動車産業が社会に還元できる技術かと思うのでこれからもこうした取り組みが進むといいなと思います。

デミオはすでに生産停止 マツダ2は事前予約をスタート

デミオは6月に生産は停止しているようです。 今は在庫車だけとなるようですが、プレミアム価格となるようなクルマではないので多くの方にとっては新型を待つのがベストです。

まぁあたりまえですが最新技術は変えがたいですからね。

トヨタ・ホンダはハイブリット、日産はe-powerとメーカーの威信をかけた争いに勝つためにコンパクトカーは変わらず最新技術の詰め込んだパッケージで争われています。

その中にあってマツダ2は取り立てた何かはありません。 ディーゼルエンジンという選択肢はもっているものの今の日本ではこれが主流へとなるかは疑問符ですから、あくまで選択肢の1つでしかないかなと思います。

あくまでマツダは技術の追求で低燃費を実現するべく研鑽を重ねています。 金額的にもどうしても高額になるハイブリットよりも、アイドリングストップだけでいいというのはトータルではそれで良いのかなと思います。

みんなが同じでも面白くないですしね。 中規模のメーカーとしては違う視点でのアプローチは必要だと思いますので、マツダはこれでいいのかなと思います。

大人の上質な空間を持つマツダ2は、男性だけなく女性にも満足してもらえる質の高い仕上がりになった1台かと思います。
似たり寄ったりの多い今、個性的なマツダをオススメなメーカーです!

コメント