トヨタ TOYOTA キーホルダー・キーリング

キーホルダー・キーリング・キーケース

日本の自動車最大手「トヨタ」のキーホルダー・キーリングの紹介になります。
トヨタファンの皆さん要チェックです!

王者トヨタのキーホルダー・キーリング

世界販売でもフォルクスワーゲンに次ぐ2位の座に君臨するトヨタ。
国内販売では相変わらずの強さを見せていて、今のところ隙が無い王者の風格を漂わせ続けています。

ハイブリットを極めて、近年トヨタの強い基盤を作りましたが、さてはて次の一手はどんなことをしてくれるのでしょう。

昔は普通を極めたトヨタでしたが、今では国内のどのメーカーよりも挑戦的な試みも見せてくれるようになり、ワクワクするようなメーカーに変貌しつつあります。

これからの時代全方位で進めないといけないのが自動車産業なので、企業の体力面からみてもトヨタが先陣をいくのが当たり前の光景になるのかもしれませんね。

そんな日本の誇るトヨタのキーホルダー・キーリングの紹介になります。
未だ自動車は形と機能は変えていても「鍵」は健在です。 そんな鍵にはやはり定番のキーホルダー・キーリングは必須アイテムです!

皆さんの個性やオリジナリティを出すアイテムとしても最適なので、この機会に皆さんも検討してみてはいかがでしょうか?

Amazonで販売している「トヨタ」のキーホルダー・キーリング




US純正TOYOTA メタルキーチェーン KCK KCK-TOY
エユトモーティブゴールド
¥2,420(2020/06/05 20:25時点)
ブラック/シルバー

楽天で販売している「トヨタ」のキーホルダー・キーリング


トヨタ・黒 本皮キーホルダーS TOYOTA


[トヨタ]ブラックレザー キーホルダー


TOYOTA トヨタ ロゴキーホルダー キーリング 両面デザイン


ブラックレザー&クローム卵型キーホルダー トヨタ ランクル FJクルーザー [人気商品][アメリカ直輸入][USトヨタ][プレゼントにおすすめ]


レッドクローム キーホルダー トヨタ プリウス アクア ヴィッツ[人気商品][アメリカ直輸入][USトヨタ][プレゼントにおすすめ]

ハイブリット対レンジエクステンダ

エコが意識されるようになるきっかけの1つを作ったのが、トヨタのハイブリットシステムですね。

今まで通りアクセルを踏むだけでシステムが、エンジンor電気の走行を切り替える事で大幅に低燃費が実現する。 凝った作りが好きな日本ならではと言ってもよい20世紀を代表するシステムですね。

皆さんも1度ぐらいは乗った事があるのではないかというほど、ハイブリット搭載車両は世にあふれています。 ここまで赤字でも売り続けた程、トヨタが心血を注いで編み出したハイブリットですが、あるシステムの登場もあり、ハイブリットが最高なのかという疑問も出始めています。

そのシステムというのがレンジエクステンダという、エンジンは電気を作る動力源として使用されるクルマになります。

エンジンで走る従来の自動車と電気で走るEVのちょうど中間にあたる車です。

欧州を始め中国でもEVへと路線を変更してことも有り、EVに嫌でもめがいくようになりました。
しかし今はバッテリーが高値の為に、車両価格が従来の車よりも高くなっています。 そしてデメリットもまだ解決できていない事も有り多くの方が敬遠している状態です。

ただEVは乗ってみると全くの別物。 モーター特有の低速でも最高出力が出て切れ目のないスムーズな加速を見せてくれます。
昔のドッカンターボに近いシートに押し付けられる感じを再び味わえます。

あれを味わってしまうとEVも良いなと感じます。 しかし充電やらバッテリーの劣化は妥協出来るレベルではないので多くの方が妥協できないのが現状でしょう。

そこで登場するのが現実的なEVのレンジエクステンダなのです。
こちらもまた今まで通りアクセルを踏むだけでよく、充電ではなく給油をするという今までと変わらずにEV走行を体験できるのですからこの可能性はとても高いと思います。

ハイブリットの複雑すぎる構造とは真逆で、実に単純なのがレンジエクステンダだので世界中でも多くの支持を受ける可能性すら持っています。

値段でもバッテリーの数が1つなので、車両価格も妥協出来るレベルなのも魅力です。

世の中をひっくり返すには、コスト面が重要になりますので多くの人に魅力と感じるクルマなのではないでしょうか?

優れているからと言っても普及するかはまた別の話で、エコカーではトヨタが一歩先にいますしトヨタの強力な販売力もありますので、今のところハイブリットに軍配が上がる事でしょう。

しかしレンジエクステンダは生まれたての赤ちゃんで、いま街で見かけるのは第一世代です。
2020年には第2世代へと進化した日産・ノートが登場します。

グローバル戦略車でもあるので、ノート次第ではこれからの時代の主役になるかもしれません。
10~20年後形勢逆転も夢ではないメリットが多いシステムなので、暗雲立ち込めていた日産の復活の狼煙を上げるのもノートがきっかけになるのかもしれませんね。

コメント