トヨタの次の一手は自動車保有定額サービス

自動車

外食や動画配信・音楽配信、PCで使われるソフトウエアなど月額定額サービスが広がりを見せています。

所有から利用へと形態がシフトしようとする現在、自動車もその流れが押し寄せてきています。

カーシェアリング・カーリース・レンタカーなど、目的や人数または使用する時だけ利用するなど、利用方法だけでなく所有の仕方・自動車との付き合い方まで急速に変わろうとしています。

そんな中トヨタ自動車は先陣を切って、定額自動車保有サービス「KINTO」を開始する事が発表されました。

月額定額で自動車を保有そして乗り換えも自由

2019年初めをめどにサービスを開始予定なんだそうですが、まだまだ詳細までは出ていないのですが今わかっている範囲でお伝えしようと思います。

  • 自動車の保有
  • 自動車にかかる税金や保険
  • 車両メンテナンス

自動車を保有・維持するには上記のように費用が掛かります。 そして本来あってはならないぐらい何重にも課税されていたりするのは、今更言うまでもない事実です。

さらに細かく上げるときりがない程、維持費がかかるのが自動車というものです。 ここにガソリン代そして駐車場代もかかるわけですから、経済的な負担はとてつもなく重いのです。

それを月額定額でお届けするというのが、今回紹介する「KINTO」というわけです。 車検や保険の更新のたびに大きな出費となるのはお財布に優しくありません。

それを定額にする事で分散されることで、長期的に家計の計画も立てやすくなり、自動車の本来持つ自由を大いに楽しんでほしいというコンセプトのようです。

決して安くなるというわけではないのですが、払わなければいけないものですからそれが分散出来れば助かりますよね。 自動車の保有の新しい形としては面白いサービスになるのではないかと思います。

長期保有者には優しくない日本

次々と乗り換えてはごみが出るから余計に環境に悪いなんて話もあります。 そして長く1台のクルマを大切に乗りたいというユーザーもまだまだいらっしゃると思いますが、一定の年数になると税金が上がったりと、日本は長期保有者にはとてもやさしくない国です。

CO2などの排出量が違うとはいっても、長期保有者が影響が出る程長距離しか乗らないというわけではないどころか、そんなに乗っては長期保有は逆に難しいのだからこじつけ感がハンパないのですが。

言いたいことはいっぱいあるでしょうが、もう1つの事実として現在の自動車は「100年に一度の変革期」と言われています。

エンジンがモーターへ、運転は自動へと向かおうとしているので、日進月歩今まで以上に速いスピードで革新技術が次々と投入されています。

ですので、より新しい自動車へと乗り換える事で安心・安全ドライバーだけでなく周囲にも優しく環境にも優しい自動車社会へと進むのです。 事実自動ブレーキの装着で7割近く事故が減ったなんて言うデータがある程です。

スポンサーリンク

趣味から移動手段への変革期ともいう

自動車を趣味にしている方は未だに多くいらっしゃいますが、それも終わらせなければいけないのが新しい自動車社会とも言えるでしょう。

より高性能なクルマへとしたり、メンテナンスを自分でしたり等いろいろな楽しみ方をしている方は多いと思いますが、自動車の保有というのはいずれ無くなる事でしょうから、現在のような楽しみ方は出来なくなる事でしょう。

そのぶん公道を走れないクルマとかが発売されるのではないでしょうか? スポーツとして楽しむような形態になっていくのではないかと予想します。 自分でドライブしたいならばサーキットへとか・・・・・。

流石にそんな未来は数年でとはいかないですが、そういう未来の可能性は高いと思っています。 でないと自動運転の世界にはできないでしょう。 結局ルールを守れないのは機械ではなく人や動物ですからね。

予測できなかったり、データでのやりとりで予測走行できない人が混じっていたのでは大きな混乱を生む事しかないのではないかと思うのです。

残クレや個人リースもいいけど乗り換えが出来るならば定額サービスも魅力

長く生きていれば家族構成の変化や趣味が変わったりなど、変化はしてしまうものです。 従来の形態だと購入をしてしまうとなかなか気軽には買い替えるというのは出来ないものでしたが、定額となると事態は変わってきます。

春だけオープンカーとかもできたら、面白くないですか?

金額にもよりますが、長期の計画も立てやすいのもあり良いサービスとなるのではないかと思っています。 私自身は残クレで購入して間もないのでムリなんですがね・・・・・。


コメント