トヨタ・スープラ(70・80系) パーツ復刻プロジェクト始動!

登録車

トヨタのスポーツカー「スープラ(70・80系)」の復刻パーツプロジェクトが始動している事が、新型スープラ発表会が行われた東京臨海都心のMWGA WEBで発表されました。

トヨタではなくトヨタのレース部門を統括するトヨタGR(GAZOO Racing)が行う事になるようです。

レストアを行う自動車メーカーが増えてきましたが、日産のGT-Rのヘリテージパーツ供給に続きトヨタもその流れにのるようです。

世界的にこのあたりのスポーツカーに注目が集まっているので、トヨタを代表するスポーツカーとして人気が高かったスープラのパーツ復刻をするようです。

フェアレディZに対抗するスポーツカーとして誕生したスープラ

北米で爆発的に人気だったフェアレディZに対抗するべく誕生したスープラ。
結果としては今なおうえることがない人気を誇っているフェアレディZに軍配が上がりますが、その後のモデルは若い世代を中心に大ヒットしました。

特に第2世代のセリカXXは今なおインパクトを残すクルマではないでしょうか? リトラクタブルヘッドライトはカッコよかったですよね~。

第3世代の70は好評だったリトラクタブルは継続だったこともあり、こちらも大ヒットした車でした。 スポーツカーと言えばリトラクタブルとなるなどこの時代のスポーツカーは多くがリトラクタブルでした。

マツダ・RX-7 三菱・GTO ホンダ・NSXと各メーカーのフラッグシップとも言えるスポーツカー達が採用した事でスポーツカー=リトラクタブルの時代もあったのですよ!

70スープラと言えば友人も乗っていたのでよく覚えていますが、特に印象に残っているのは7Mと呼ばれる3000ccターボを搭載したスープラです。

走り屋に好まれたのはツインターボの1Gだったので、当時でも7Mは少なかったのでそれに乗っていた友人のクルマは今でも記憶に残っています。

最後の80スープラもモンスターだった

GT-Rのチューンもとんでもない馬力のものが登場していましたが、スープラも1000馬力越えもあるモンスターになれる逸材でした。

運転席にすわるとドライバーに全てのスイッチが向いているので、まるで戦闘機の様な印象を持つまさにコックピットそのものでした。

しかし厳しい排ガス規制がスタートした事により、多くのライバル達と共に一度は姿を消してしまいました。

スポンサーリンク

2000GTのおかげで日本車にもスポットライトが浴びる時代が到来

トヨタの往年の名車「2000GT」が1億円を超える金額で売れた事により、日本のクラシックモデルにも光が差し込んできました。

そのおかげもあり70年代以降の日本車が国外に流出しています。 車種によっては程度の良い個体を見つけるのは相当難しいと言われています。

ポルシェやフェラーリだけでなく、GT-Rやスープラといった車も海外に流出を続けていますので、見る機会も少なくなってきています。

車検という制度があるおかげで、程度が良い中古車が見つかるので日本にバイヤーが殺到したという事のようです。

日本ではクラシックモデルに人気もありませんから、相対的に相場もレアでなければ安いのもあるのでしょう。

3Dプリンターの登場で復刻させるのも容易になった

複雑な造形も手軽に出来る事から、いろんな用途で使われている3Dプリンターですが、今ではプラスチックだけではなく金属で可能になる程までになっています。

金型から作らなくてもできるようになったからこそレストアやヘリテイジパーの販売に不向きるメーカーが増えてきたのではないでしょうか。

単価も高くなるし、納期もかかるのですが、単品からも注文を受けれるというのが可能にならなければやはり難しいですからね。

営利企業である自動車会社にとって赤字では二の足を踏むというものです。

70・80スープラが国内にいくつ残っているのか? が今後気になるところです。

当面は待ち望んでいたファン達からの注文が殺到するでしょうが、その後の事まではユーザー数にもよりますのでそうそう予測するのは難しいと言えます。

マツダ・日産に続きて王者トヨタも参戦です。 勝負ではないので勝者はいませんが、取り巻く環境が変わる事で一過性のものではなく定着してくれるのでしょうか?

そういった意味ではとても楽しみな挑戦だと思います!

スポンサーリンク

コメント