トヨタ純正 後付け用 踏み間違い加速抑制装置販売へ

登録車

ペダルの踏み間違いによる事故が連日のように報道されています。 入り口を突き破ってしまったり、駐車場から落ちてしまったりなどいろんな場所で起こり、死傷者の被害が出るなど社会問題となっています。

年々こうした報道が増えているそんな印象を強く受けますね。

先進装備の標準装備化が急速に進んでいて、メーカー側もできる範囲内で対応はしていますが、なにぶんこの先進装備が装備されている自動車への乗り換えが進まない限りは対応が難しい状況ですね。

そこでトヨタが販売店での取り付けが出来る、踏み間違い防止装置を2018年12月5より販売する事になりました。

最新の先進装備と合わせて後付けタイプ発売で未然に防ぐ装置の普及の加速で、事故の増加に歯止めをかける事が期待されます。

トヨタ純正の後付け「踏み間違い防止装置」で安心安全を手に入れましょう!

本体・付属品込みで価格は55080円(税込み)となります。

この価格には取り付け工賃は含まれていませんので、別途工賃がかかります。

トヨタには多くの車種がありますが、現状はプリウスとアクアのみが対象になるそうです。 順次車種は追加されるそうですが、今は2車種のみですのでご注意ください。

国内シェア1位のトヨタですから、早期にラインナップを充実させる事で、起こらなくもいい・被害に合わなくても良い事故の撲滅に大いに貢献してくれるものと思います。

トヨタオーナーの皆さんには積極的に取り付けをお願いしたいと思います。

スポンサーリンク

超音波センサーで障害物を感知!まずはブザーで注意喚起!

前後バンパーに取り付けられた超音波センサーにより障害物発見します。

3m以内に障害物が近づくとブザーで注意喚起

ここで万が一ペダルを踏み込んでしまっても加速は抑制されます

抑制されると室内にある表示機にアラートが表示されると同時にブザーも連続音に

 

上記は通常のペダル踏み間違いを予防するシチュエーションです。 そしてもう1つが後退時(5km/h)の速度抑制。

報道されているのがまさしくこのどちらかのシチュエーションかと思います。 ですのでこうした事故を防止効果は非常に高いと思われます。 日常的に起きる事故のほとんどが、渋滞中の様な低速時や停止状態で起こりうる事故というものが大きな割合なんだそうです。

ですので事故発生件数自体の減少にも大きく貢献してくれるシステムとなりそうです。

そうは言っても過信してはならない

超音波での測定は100%確立された技術ではありません。 道路や駐車場には様々なものがあったりします。 超音波では完治するのに苦手なものや状況というのが存在してしまいます。 障害物を感知できないという事は起こりうる可能性を残しています。

コストと成果もありますので、まだ完璧と呼べるものではないと思っている事も必要です。 100%要望通りのシステムはまだ流石に難しいのが現状です。

ただシステムは病気にもならないし眠くもなりません。

体調や気分でもムラが出る事も無いです。

24時間365日のバックアップ体制は人には真似できないサポートぶりです。

過信は禁物ですが、システムの力を借りる事で私達は更に一歩事故の無い世界の実現へと向かう事が出来ますので、自分だけでなく社会貢献にもなるという事で、トヨタ車オーナーの方は取り入れてもらえたら幸いです。


コメント