トヨタ車のボディ剛性と走りが劇的に変化 簡単取り付けが魅力なTRDドアスタビライザー

パフォーマンスパーツ アフターパーツ

自動車メーカーの日々の努力により自動車の進化のスピードは緩まず、快適に便利になっています。 新素材の登場そして工作精度の向上にもより、普段の走行ではボディの弱さというのを感じる事は少なくなってきているのではないでしょうか?

一昔前だとタイヤ交換でクルマをリフトに載せるだけでドアの開閉が支障が出るクルマなんて普通にありました。 一番硬い部類のサイドステップでさえこうだったわけですから、その当時のは今とは比べ物にならないほどひどいものでした。

しかし最近ではボディの弱さを指摘されるメーカーと言うのは、聞くことがないようにすべてのメーカーが通常ユースでは感じることがない程のレベルまで到達しています。

手軽なわりに絶大な高剛性を実現 TRDのドアスタビライザー

通常利用されているだけの方には特に必要ではありません。

今回紹介しているアイテムは、ハイパフォーマンスを求める方や走りに不満を抱く方向けのパフォーマンスパーツになります。

ボディの弱さは開口部分の大きさが関わってきます。 ですので市販車をベースにしたレースで使われるのは2ドアや4ドアセダンがベースとなっているものがほとんどです。

スポーツカーなんかは分かりやすく、背が低くて室内空間も狭いので剛性が高くなるというわけです。 その反対に位置しているのが1BOXタイプで全長も長く全高も高いので剛性は弱いのです。 家でよく例に言われるのが「トイレ」が強いなんて言うのは、小さい空間で四角に柱があるので強いというのは、これと一緒ということです。

そこでTRDが注目したのがドアというわけです。 ドアは当然ながら固定は出来ません。 これはドアが大きな車である程、大きな弱点となってしまいます。

そこで考えられたのがより固定された状態に近づける事が可能となるドアスタビライザーというわけです。


【 汎用品 】 TRD ドアスタビライザー 汎用 左右2個セット ( 品番:MS304-00001 ) TRD PERFORMANCE PARTS

高剛性を実現させる特許技術 TRD ドアスタビライザー

ドアは開閉さてしまった状態にするためにストライカー(メーカーによって呼び名は異なる場合も)というものがボディ側についています。 これを利用して固定するわけです。

クルマというのは多くのパーツで構成されているわけですが、ドアもその1つでそれに開閉させるためのヒンジもありこうしたパーツを固定させると、パーツ間の隙間が個体差が出てしまうのです。

工作精度も上がり組み立てや溶接技術が発達した現在でもそれは多少なりとも起こります。 ですので開閉できるパーツには調整できる余地と空間があるのです。

ちなみにクルマは通常利用する方の方が多いですから、ここに余裕があるというのは開閉にも大きな力が必要がないという利点もあります。 男性ばかりではないですから、ここは意外と重要です。

しかしボディの剛性という観点から見るとこれは、能力低下に結びつきます。 捻じれやひずみというのがここで発生してしまうというわけです。

そこで開発されたのがこのストライカーの所で発生している隙間を失くしてがっちりと固定する事で剛性を出すというわけです。

高剛性とステアリング操舵時のレスポンスも上がる ドアスタビライザー

自動車の走りを求めるとエンジンや足回りといった定番からパフォーマンス向上を図るかと思いますが、それと同時にそれを受け止めるボディもとても大切なことになります。

まっすぐで舗装状態が良い道しかないわけではありません。交差点やカーブといった事を含めて道路の状況はいろいろあるわけです。 特にこうした状況の変化している場所を走行した場合は、ボディに大きな負担がかかるのです。

ですのでボディワークというのもパフォーマンス向上には必須な項目である事は、知っていただければと思います。

エンジン等もそうですが、ボディワークもとても高額なものになります。 しかしこのTRDドアスタビライザーは価格ももたらす性能向上同様に魅力的なのも特徴です。

工具も有り知識のある方はご自分でも取り付け可能なのも利点の1つかと思います。

トヨタ車オーナーでハイパフォーマンスを求めている方には、まずこれ!をオススメします!

 

Amazon | TRD ドアスタビライザー 汎用 2個セット MS304-00001 | スタビライザー | 車&バイク
TRD ドアスタビライザー 汎用 2個セット MS304-00001がスタビライザーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

コメント