ニスモ オーテック モチュール 日産 公式 Tシャツ

Tシャツ

日産のモータスポーツ活動を支えるニスモ・オーテック・モチュールの公式のTシャツの紹介です。

日産ファン自動車ファンの皆さん必見です!

世界販売2位の日産を支える企業のTシャツの紹介です

世界販売でも2位国内でも登録車1位をノートが獲得するなど、目立たないながらも世界での知名度が年々高まる日産グループ。

何かと世間を騒がせていて日産ファンとしては早く正常化するのと違った事で話題になってほしいものだと思う日々ではあります。

そんな日産のモータースポーツ活動を支える日産直系のニスモはレース活動全般だけでなく、ハイパフォーマンス車の制作でも多くのファンを持つブランドです。

オーテックも日産車の架装を中心にしたいずれも直系でモータスポーツだけでなくハイパフォーマンスカーとして日産ユーザーを魅了し続けるブランドです。

そして潤滑油・ケミカルメーカーのモチュールはフランスを本拠とする企業です。

日産のモータースポーツ活動ではワークスとして活躍しているので、日産ユーザーだけでなくモータースポーツファンにとっても多くのファンを持つブランドですね。

今回はそんな魅力的なブランド公式のTシャツの紹介です。 モータースポーツ色の強いデザインのものから普段使いできるシンプルデザインのものまでありますので、自動車関係でTシャツを探している方にもオススメになります。

今回はAmazonと楽天で販売している商品を紹介しています。 日本有数のECですので安心してお買い物を楽しんでいただければと思います。

楽天で販売しているニスモ・オーテック・モチュールのTシャツ


NISSAN 日産コレクションニスモ NISMOBASIC Tシャツ ホワイトNISMOロゴプリントサイズ:LLファッション 白色ベーシック ティーシャツ


NISSAN 日産純正NISMO ニスモプレミアムTシャツホワイトサイズL


日産コレクション ファッション ピットスタッフレプリカTシャツ LLサイズ KWA0060H34


日産コレクション ファッション BASIC ドライTシャツ ブラック Lサイズ KWA0050H03BK


日産コレクション ファッション ドライバーレプリカTシャツ Lサイズ KWA0060H23


日産コレクション ファッション BASIC ドライTシャツ ホワイト Sサイズ KWA0050H01WT


日産コレクション ファッション COMFIT Tシャツ グレー LLサイズ KWA0060K04GY


日産コレクション ファッション COMFIT Tシャツ レッド Lサイズ KWA0060K03RD


日産コレクション ファッション ピットスタッフレプリカTシャツ Mサイズ KWA0060K32

Amazonで販売しているニスモ・オーテック・モチュールのTシャツ

日産の躍進となる年になるか?

何かと話題の日産。 不正問題も一段落でと思いきやまさかの逮捕劇。 多少の事ではびっくりしなくなった日産関係の話題も流石にこれには声を失ったという方も多かったのではないでしょうか?

事件の全貌も輪郭ぐらいは見えてきたそして保釈された事でやっと少し静かにはなりそうです。 日産に残した功績はとても大きい方なのですが、コスト削減の裏ではこんな事をしていたのかと思うと日本だけでなくフランスでも流石に擁護する声も小さくなってきたようです。

グローバル化が進んだ人材途用などは日本の企業のなかでもとても進んでいると言われています。また日本をあまりにも特別扱いしない姿勢も私は今後を見据えたうえでは良い方針だとは思っていました。 ただあまりにも売れ筋迄見ていないのはちょっとというのはありましたが・・・・。

ただこんな話題ばかりが目立った日産なんですが、販売はそこまで大きく影響を受けませんでした。 これはそれだけ主力車種の魅力が高かったという事でしょう。

ノートは月間での登録車ナンバー1を獲得するだけでなく年間でも1位となるなど、安定した販売台数を稼ぐことが出来たために日本ナンバー1の座を獲得しています。 またミニバンながらもセレナの健闘も目を見張るものがありました。

その両者に共通するのがe-powerの存在です。 エンジンで発電モーターで走行と難しい話でもなく今まで通りでモーターでのリニアな加速を今までと変わらない価格で味わえるというのが魅力で絶大な支持を得た事にもよります。

街乗りや短距離での走行が多い日本のユーザーの状況にこうした状況下での走行が得意なe-powerという事も有り今の日本の状況にもピッタリだという事で注目を浴びているということでしょう。

販売面では売れ筋が好調な事も有り成長とはいかないまでも踏みとどまっている感がありますが、モータースポーツ活動は停滞気味ですね。 残念ながら良いニュースは聞けていないので今シーズンは販売面だけでなくモータースポーツ活動も頑張ってもらいたいものです。

コメント