ニスモ 日産 スマートキー キーケース キーホルダー・キーリング

キーホルダー・キーリング・キーケース

日産のモータースポーツ活動を担う「ニスモ」のキーホルダー・キーリングそしてスマートキーケースの紹介になります。
日産ユーザー・ファンの皆さん必見です!

日産ワークスの中心 ニスモ

日産のモータースポーツ活動において中心的な役割を果たしているのがニスモです。
レース車両の製作からチーム運営まで日産ワークスの核として、長年ファンの期待に応えるべく邁進しています。

モータースポーツ活動に興味のない方にとっては、今までは縁がなかったと思いますが、昨今のユーザーの声にこたえる形でニスモの知見を活かしたコンプリートモデルの生産販売が順次ラインナップを増やしています。

よりスポーティ性やオリジナリティ・ハイパフォーマンスを求める声にこたえる形で、いわゆるニスモ仕様というモデルが作られるようになりました。

ちょっと物足りないな、個性がほしいけどもアフターパーツではいろいろ心配という方にも、販売店で買えるうえに新車補償も同じように受けられるとあって、コアファンだけでなくライトユーザーにも好評になっていますね。

今や日産にとってもモータースポーツ活動だけにとどまらない貢献をするニスモの存在は、ブランド価値を高めるうえでも大きな役割を持つまでになっています。

今回はそんな日産にとって販売面でも無くてはならない存在となってきているニスモのキーホルダー・キーリングそしてスマートキーケースの紹介になります。

日産ファンにとってニスモブランドのアイテムは特別な存在です。 この機会に皆さんも特別なアイテムをカーライフに加えてみてください!

Amazonで販売している「ニスモ」キーホルダー・キーリング・スマートキーケース

NISSAN ( ニッサン ) 日産純正部品 BASIC インテリジェントキーケース KWA10-50F30
NISSAN(ニッサン)
¥3,056(2020/06/04 06:25時点)
縦9cm x 横2.5cm x 厚さ0.7cm ・ 牛革、ニッケル亜鉛合金 ・ ロゴプリント

日産ニスモインテリジェントキーケース ウォータープルーフBASIC
nismo(ニスモ)
¥2,880(2020/06/04 06:25時点)
品名:日産 nismo/ニスモ BASIC インテリジェントキーケース ウォータープルーフ




楽天で販売している「ニスモ」のキーホルダー・キーリング・スマートキーケース


ニッサン 日産コレクションPREMIUMインテリジェントキーメタルホルダーレッド ニスモロゴ入りキーカバー キーケース


ニッサン 日産コレクションPREMIUMインテリジェントキーメタルホルダーブラック ニスモロゴ入りキーカバー キーケース


ニッサン 日産コレクションFAN インテリジェントキーケース フルカバータイプダーククローム/クロームレッドニッサン ニスモロゴ入りキーカバー キーケース


ニッサン 日産コレクションFAN インテリジェントキーケース フルカバータイプクロームレッド/ダーククロームニッサン ニスモロゴ入りキーカバー キーケース


ニッサン 日産コレクションFAN インテリジェントキーケース フルカバータイプダーククローム/クロームシルバーニスモロゴ入り キーカバー キーケース


ニッサン 日産コレクションFAN インテリジェントキーケース フルカバータイプダーククローム/ブラックニスモロゴ入り キーカバー キーケース

技術の日産推しでは今更見向きもされない

日産のCMは未だに技術をアピールポイントとするものが多いと感じます。

確かに今までは日々革新し続ける余地もありましたし、どのメーカーも不満をユーザーがもつポイントというのはあったと思います。

しかし現在は自動車の構造やエンジンというのは、大きな進歩はしないというレベルにまで達しています。 なのでここからは月日が流れた分の向上した性能等のバージョンアップというちょっとづつのカイゼンになるでしょう。

国内メーカーはある程度レベルは一緒ですから、同じようにバージョンアップされていくというのが正しいでしょう。
言い方からすればフルモデルチェンジではなくマイナーチェンジやイヤーモデルといったところです。

ここから変わるのは先進技術と言われる部分で、多くが自動制御によるものです。 AIの搭載などが次に来る大きな変革でしょう。

すでにカメラやセンサーというのは値段も下がっていますし、世界中のメーカーが生産していますのでサプライヤーの争いの激化になっていますね。

日産がカルソニックをきった様に、世界の潮流としてはメーカーはブランド価値の向上と自動車の設計生産が主で、各パーツに関してはサプライヤーというのが多くなってきています。

なので世界で一番早く実装したとしても、すぐに追いつかれるのはそういった意味もあるのです。 組み合わせによる相性というのはあるでしょうが、大きく性能が違わないのもそのためです。

こればかりはもう仕方がない話なので、技術押しではなく。 この先の未来図を日産ブランドとしてどう描くのか? もっと広く大きな視点で見ていかないといけない程の変革期がすぐそこに迫っているというのを自覚してほしいものです。

新型ノート販売です・新型軽自動車の登場です。 でまた次のモデルという従来型の時代は終わるのです。 自動運転車を販売スタートしましたとアナウンスした時にはそこに従来の販売モデルは終わりを告げているのです。 常識までが変わろうとしているで、もっと危機感をもって現実を見て本当の意味で生まれ変わってもらいたいものです。

派閥争いとか足の引っ張り合いとかしている暇はないのですよっと。 

コメント