ビュイック キーホルダー・キーリング  GM

キーホルダー・キーリング・キーケース

アメリカの自動車メーカーゼネラルモータースの所有するブランド「ビュイック」のキーホルダー・キーリングの紹介になります。
ビュイックファンの皆さん必見です!

日本では販売されていないブランド ビュイック

第2次大戦後の復興期にはアメリカ車が日本のモータリゼーションを牽引しました。 しかし年を追う毎にアメリカ車の人気は下降線をたどり、現在では多くのブランドが日本での販売は停止されています。

ビュイックもまさにこれで戦後の日本では多くのビュイック車が走っていたそうです。 現在は知っての通り販売はされていません。

やはりサイズ的なものと過剰なエンジンは狭い日本では不要ですからね。 コスト意識と品質にうるさい日本ですから、そういった点でも難しくさせていますね。

ただ昔のクラシカルなデザインやカラーというのは、アイテムとしては人気が高いですから古き良きアメリカが強かった時代のキーホルダーとしてはオススメの1つです。

オールドファン・古き良き時代のアメリカが好きな方にとっては、魅力的なアイテムであること間違いなしです!

楽天で販売している「ビュイック」のキーホルダー・キーリング


ビュイック 本皮キーホルダーS BUICK 【type1】


BUICKビュイック(本革)のキーホルダーイタリア国内販売用

自動車という柱を失っても強いアメリカ経済

かつてはビッグ3と呼ばれ世界の自動車販売ランキングで常にトップ3を独占していたアメリカの自動車メーカー。

日本メーカーや欧州の自動車メーカーの台頭により、今ではゼネラルモータースがかろうじて4位に入っていますが、年々台数を減らしていますのでこの地位を守る事さえ難しい状況となっています。

自動車が売れなくなってしばらくは低迷を続けましたが、今やIT関係では世界一その他の新しい産業でも次々に革新的なメーカーが誕生するなど、今だに世界一の経済規模を誇る国であり続けています。

ここまで1つの産業に依存する形になってしまうと、影響が計り知れなくなってしまうまさに典型的な例であったと思います。

中国は日本に似た歴史をたどっていて多種多様な企業が台頭してきていますが、韓国がこのアメリカの状況に近づいている感があります。

現代自動車やサムスンといったいくつかの財閥系だけで、GDPのシェアが高く1社のダメージが社会に与える影響がものすごく高くなっているのが今の韓国でしょう。

そして労組が強すぎて給料水準が高く貧富の差を広げる一助になってしまっているとか。
なので今回の様な生産停止に追い込まれる事態になると、その傷口の大きさは計り知れないものになってしまいます。

少子高齢化社会にもなってきていますし、周辺国の中では一番危機的な状況といえるのが韓国なのかなと。

それに比べるとアメリカは多彩ですし、現在の悩みの種である石油も自国で生産できますし材料から生産まで全て自国で賄えるのは大きな強みですのでこれからもアメリカを中心にした経済というのは変わらずに進む事でしょう。

中国の追い上げはとても速いので警戒は必要ですが、世界の中心にこれからもアメリカがあるのは変わらないでしょう。

コメント