ピレリ 傘 アンブレラ

イタリアのタイヤメーカー「ピレリ」の傘(アンブレラ)の紹介です。
ピレリファンの皆様必見ですよ!

F1で採用されている唯一のタイヤメーカー「ピレリ」

モータースポーツの最高峰F1において、現在唯一使用されているのがピレリです。
いわゆるワンメイクという状態です。

運営費用の削減もありますが、エンターテイメント性を重視したコンセプトの採用でピレリのみになったというほうが正解なのかもしれません。

というのも通常はタイヤに求められるのは、グリップ力や耐摩耗性といったクルマを早く走らせることを実現するために日々開発が行われるものです。

しかしゲーム性を出すという事も有り、減るタイヤへと要望が出たんだそうです。
モータスポーツでありながら速さではないものを求める、なんだか本末転倒の様な気がしますね。

今回はそんな自動車用タイヤ大手の「ピレリ」の傘(アンブレラ)の紹介です。
とてもシンプルなデザインとなっていますので、ビジネス・プライベート等シーンを選ばずに使える使い勝手の良い傘になっています。

楽天で販売している「ピレリ」の傘


【ピレリ/PIRELLI】PIRELLI UMBRELLA ピレリ 傘 オフィシャルアイテム F1 サプライヤー イタリア タイヤメーカー P-Zero

自動車産業の再編が世界的に活発に ピレリはどうなる

ブリヂストン・ミシュラン・グッドイヤーの3強だけで世界シェアの半分以上を握っていた時期もあったのですが、現在では37.6%程に落ち込んでいます。
トップのブリヂストンはと言うとシェアは約14%なんだそうです。

2位ミシュランとの差は僅か0.6%。 シェアもさることながら1位の座も危うい状態なんです。

ブリヂストンの世界一は安泰と思っていたのですが、近年ここまで悪化していたのですね。

ちなみにピレリは5位のシェア4.2%です。 4位のコンチネンタルとは差があるのですが、6位の住友ゴムとは僅か0.2%の差しかありません。
1~2位との差以上に僅差なんです。

ピレリを境に下位の争いが激しいのです。 特に新興メーカーのシェアが急速に伸びていて上位のシェアもここに流れているようです。

ハンコックを始めとした新興メーカーは安さとそれなりの性能を武器に急速に力をつけています。
安かろう悪かろうから始まった製品も今では遜色ないレベルまで、高めてきていますのである程度名が知れたタイヤメーカーであれば、現状問題ないと言われています。

私もハンコックのスタッドレスを使っていますが、特に問題を感じた事はありません。
日本のタイヤメーカー出身のエンジニアがこうしたメーカーに流失しているなんて話を聞きますので、急速な成長を可能にした技術の出どころと考えると、人材の流失は本当なのでしょう。

世界中で格差社会が形成されつつあります。 ですので安い新興メーカーの商品に目がいくのは当然です。

なのでますます新興メーカーの台頭は止める事は難しいでしょう。

そうなってくるとタイヤメーカーにも再編の波はやってくる事でしょう。 ちょっと乱立気味になっていますので、近い将来今まで蚊帳の外でいられたタイヤメーカーも再編の波にのまれて行く事でしょう。

特にピレリー以下は団栗の背比べになっていますからね・・・・・。 

コメント