ファイアストン  バック・カバン

バック

アメリカのタイヤメーカー「ファイアストン」のバック・カバンの紹介になります。

ファイアストンユーザー・ファンの皆さん必見です!

ブリヂストン傘下のタイヤブランドそれがファイアストン

アメリカでは大きなシェアを持つ「ファイアストン」ですが、日本の誇るグローバル企業「ブリヂストン」の傘下のブランドの1つです。

アメリカの自動車販売が下降の一途をたどった事も有り経営が厳しくなり、ブリヂストン傘下となり存続しています。

特にフォードとの関係が深く、T型フォードで席巻した後からの関係になっていて、フォードの隆盛と共に発展を遂げたメーカーになります。

フォードとは純正タイヤとして指定されるなどとても良好な関係を維持しています。

さて今回はアメリカの自動車産業の栄枯盛衰と共に歩んできたタイヤメーカー「ファイアストン」のバック・カバンの紹介になります。

楽天で販売している「ファイアストン」のバック・カバン


ファイアストン ファイヤストーン Firestone バックパック リュック ショルダーバッグ メンズ レディース アメカジ おしゃれ かっこいい 車 バイク モーターレース モータースポーツ 【メール便OK】_BG-FSBG1-UNT

ファイアストンはブリヂストンではフォードはどうするのだろうか?

自動車産業は来るべき変革の時に備えグローバルに統廃合が進んでいます。

日本では日本メーカーを中心に集合したトヨタグループ、ルノーそして三菱との3社を中心にしたルノー・日産・三菱の3社連合、そしてGMとの関係を深めているホンダと、おおまかに3つのグループに分かれています。

世界に目を向けるとフィアットとPSAの合併により、世界販売第4位のメーカーが誕生するなど、勢力図が更新され続けています。

またここにアメリカ発のEVメーカー「テスラ」という、複合メーカーが猛烈な勢いで認知度そして存在感を高めています。

なのでかつてのビッグ3の中では唯一提携が進んでいないのがフォードなのです。
ちなみにクライスラーはすでにフィアットグループなので・・・・。

しかしフォードはここにきて主力をアメリカで人気のトラックやSUVなどを含む商用車を全体の9割にするという方針を打ち出しています。

ボルボが乗用車を切り離し商用車に絞ったのに次ぐ決断です。
内容はボルボはまさに商用車のトラックなどなのでちょっと違いますが。

アメリカを主戦場にするのならばこの方針しかないのかなという感じですね。
小型化や低燃費かは進んでいるとはいえ、広大な国土を持つアメリカでは求められる能力というのは違いがでますから特化させるのがいいのかなという気はしますね。

プラスしてアメリカに近い条件の国に力を入れればいいだけですから、復活はない事も無いでしょう可能性としては。

とはいえ先進技術はアメリカに特化させようが必要ですから、この辺りの対策をどうするのかという疑問は変わらないのですがね。
莫大な資金と人員が必要になるのが見えているから、グループ化で乗り切ろうとしているのですから。

10年後少なくてもその頃にはある程度、今判断した事の答えは見えているはずなので今わかっている情報や発表されている技術を考慮して見守っていくことにしましょう。

なにが正しい選択なのかは今は判断できないですからね。

コメント