フィアット アバルト ブルゾン・ジャケット・ジャンパー

ブルゾン・ジャケットジャンパー

イタリア最大の自動車メーカーであり、イタリアでは最も影響力が大きい企業な「フィアット」、そしてアバルトのブルゾン・ジャケット・ジャンパーの紹介です。

フィアットは近年まであまり見かける事が少なかった輸入車ですが、再編を経て正規販売店もちらほら見替えける機会も出てきました。 アバルトも同時に販売するなどラインナップも強化されていますので、かわいらしいスタイルもあって日本では大注目の輸入車です。

イタリア発は自動車メーカーでもおしゃれなデザイン

派手さは無いのですが、そこはイタリアの企業ですからスタイルは他にはない個性的でカッコイイというよりはオシャレ系なスタイルを持つ自動車になっています。

今回紹介しているアパレル商品、ブルゾン・ジャケット・ジャンパーにもそのオシャレ系デザインのDNAはは注ぎ込まれていて、シンプルながらもとてもオシャレな仕上がりとなっています。

自動車ブラントというよりは、ファッションブランドにも見劣りしないオシャレ系ファッションアイテムとなっています。 自動車ファンだけでなくファッションにこだわりを持つ方にもオススメしたい商品となっています。

オシャレ系なフィアットのクルマとフィアットのアパレル商品というトータルコーディネイトは、ファッション誌顔負けの様な最強な組み合わせとなるのではないでしょうか?

人とは違うオシャレなアウターをお探しの方にもイチオシのアイテムです!

今回はAmazonで販売している商品のみの紹介になります。 世界一のネットショッピングサイトで安心してお買い物を楽しんでいただければと思います。

 

商品一覧

Amazonです


フィアットFIAT アバルトABARTH 純正 テクニカルパーツ ソフトシェルジャケット Lサイズ 59230841 L-59230841


フィアットFIAT アバルトABARTH 純正 × Kappaジップアップパーカー(ブラック) Sサイズ 59230649 S-59230649


フィアットFIAT アバルトABARTH 純正 × Kappa BOMBERジャケット Sサイズ 59230603 S-59230603


FIAT(フィアット) × K-WAY ロゴジップアップフェルパ(ネイビー) 純正アクセサリー L-50907743 L-50907743


FIAT(フィアット) 500ジップアップフェルパ(ホワイト) 純正アクセサリー L-50907718 L-50907718


FIAT(フィアット) × K-WAY Pandaウォータープルーフジャケット(グレー) 純正アクセサリー L-50907771 L-50907771


フィアットFIAT アバルトABARTH 純正 × Kappa ベスト Mサイズ 59230620 M-59230620


ABARTH(アバルト) ジップアップフェルパ/ブラック Sサイズ 59106848 純正アクセサリー –

 

 

 

 

フィアットはイタリア最大の企業

自動車の規模では同国最大。 鉄道や船舶などいくつもの産業においてもフィアットが同国の最大勢力とするなどして企業としてもイタリア最大規模となっています。

新聞社や金融にまで進出していてイタリアを代表する企業体でもあります。

自動車では、フェラーリを始めアルファロメオ、アバルト、ランチアなど同国の自動車メーカーをことごとく傘下に組み込みほぼイタリアの自動車メーカーを独占しています。なので日本でもFCAとしてのフィアットの方が今の人達には、認知されているのかもしれません。

このFCA傘下にはアメリカのビッグ3の一角「クライスラー」も属していて、世界的に見てもトヨタやフォルクスワーゲングループに匹敵するぐらいの大規模な企業体と現在は拡大をしています。

これだけの規模のグループの主であるフィアットですが、傘下の企業の方がメディア等で登場する企業が多いですね。 モータースポーツなどでもフィアットは今では見る事はありません。

そのあたりはフェラーリだったりアルファロメオといった、ブランドがメインで行っています。 この辺りはブランド戦略でフィアットはそういった側面を持たせないのが狙いなのかもしれません。 イメージさせないという戦略なのかなと。

日常使用のクルマが多いですから、必要ないという事なのでしょう。 広告費も集中させた方が効率は良いですしね。

FCAやフィアットがでは無いのですが、フィアットのオーナー家がイタリアセリエAの強豪ユヴェントスを所有しています。 こうしたビジネスも資産価値では数百億という事になるのでしょうから、本当にありとあらゆる分野でイタリアでは影響力があるのがフィアットでありFCAなんだなと感じますね。

イタリアに深く根を張っているのがフィアットなのですが、こうなってくるとフィアットがイタリアを所有していると揶揄されるのも分かる気がしますね。

コメント