フィアット 腕時計

時計

イタリア最大の自動車メーカー「フィアット」の腕時計の紹介になります。

フィアットユーザー・ファンの皆さん必見です!

イタリアを代表する企業でもある フィアット

普及モデルを主力としている事で、多数あるイタリアの自動車メーカーの中では最大規模を誇るのがフィアットです。

そして自動車だけでなく銀行や鉄道など数々の傘下企業をもつイタリア国内で屈指の規模を持つ巨大グループ企業でもあります。

そしてPSAとの経営統合で自動車は世界販売でも上位に食い込む規模となり、名実共に世界的な自動車が柱となる巨大グループ企業の誕生となりました。

再編がすすむ世界の自動車メーカーも、自動車だけでなくそれに付随するもしくは関連性のある事業を展開して多角化がされていますので、フィアットそういう意味では自動車の覇権を争うポジション迄上ってきたというところでしょうか?

厳しい争いが続く自動車産業ですので、更に発展するのか?VWやトヨタに割って入る程になるのか今後が楽しみな自動車メーカーの1つになっています。

今回はそんな世界販売でも大きなシェアを持つまでになった「フィアット」の腕時計の紹介になります。

Amazonで販売している「フィアット」の腕時計



楽天で販売している「フィアット」の腕時計


【送料無料】腕時計 ウォッチ フィアットオートorologio fiat auto nuovo ghiera girevole adulto man watch


【送料無料】腕時計 ウォッチフィアットデータメトロfiat 500 fiww02 orologio polso uomo gomma nero 44mm data originale tachimetro dd


【ロックマン/LOCMAN】LOCMAN FIAT500 メンズ 腕時計 フィアット500 アナデジクオーツムーブメント 限定500本 正規輸入品

変わる世界 変わる自動車 常識が変わるというのは実に広範囲に物事が変わっていく

自動車史始まって以来の変革の時を迎えて、その為の手段として多くが規模の拡大を図っています。

フィアットもクライスラーに続き、PSA共経営統合を果たし世界でも屈指の自動車グループとして生まれ変わりました。

ただそこだけにスポットライトがあたっていてそれで起こる事は、関心まで至っていませんでしたがどうも想定以上に大きく自動車の文化も含めて変わらなければいけないようです。

日本ではやっと近年見直しされていますクラシックカーですが、ガソリン車の排斥というのがありますのでこの存在に関する事は大きく常識が変わるのではないかとされています。

ここまでは資産として世界の国々では貴重な存在として文化の1つとしても形成されていました。
しかしそうなってくると、規制をかけないわけにはいかないでしょう。
最終的には化石燃料の販売は無くなるというのもありますので、価値が下がっていくかもしれません。

このコロナの影響で、徐々にのはずが浸透し始めるのではないでしょうか?

近年高騰が続くこうした車たちの動向は注視したほうがいいのでしょう。
コロナを境に変わる常識の1つとなるかもしれませんね。

もう1つ気になるのがEVが主となった時の軽自動車の扱いです。

モーターの出力の違いでクラス分けは可能でしょうが、今のところ重量が重くなりスペースが多く必要となるEVシステムが現行の軽自動車のサイズ的な規制の中で収める事ができるのか?

まだ時間はあるので徐々に軽量コンパクト化が進むでしょうから、変わってくるでしょうが変わる常識はもっと大きな範囲にまで影響が出る事なのではないかと思いました。

コメント