フィアット FIAT  スマホ滑り止めマット

スマートフォン関連

イタリアの自動車メーカー「フィアット」のスマホ用滑り止めマットの紹介です。
フィアットユーザーの皆さん必見です!

フィアットにはフィアットのアイテムで統一するのがオシャレかも?

ディーラー網の整備等によりフィアットを見かける機会が増えてきました。
日本車にはない歴史と伝統と個性が融合するオリジナリティー溢れるイタリア車の中でも、日本にジャストフィットするサイズが主流ということもあり、フィアットのシェアが伸びています。

デザインもオシャレでカワイイ女性受けも良い事も有り、徐々に浸透してきているそんな印象を持ちます。

PSAとの統合で世界4位のメーカーに躍り出た事で、今後ますます日本での存在感は大きくなっていく事でしょう。
似通ったデザインのクルマが増えた中、オリジナリティを失ていないメーカーの車は嫌でも注目を浴びますからね。

日本メーカーの売れ筋でも個性を持った車というのは、息が長い人気車となる傾向も出てきていますので・・・・。

そんなフィアットの車をさらに魅力的なクルマに仕上げてくれるのが、今回紹介するスマホ用滑り止めマットになります。

スマホの普及率が上がった事で老若男女問わず、自動車ユーザーもスマホの方が増えてきていると思います。

しかし最近のスマホはサイズも大きいものになってきたので、運転中の置き場に困るという方も多いと思います。
最近の車はそうしたスペースがあるとしても、振動や揺れで落ちたりとする事も有り、そのままでは使えなかったりしますのでお困りの方も多いと思います。

そんな困ったを解消するのが、今回紹介する滑り止めマットというわけです。
文字通り滑り落ちたりしないマットなので、走行中も安心です。

また駐車中や誰かを乗せた際にも、フィアットのエンブレムがデザインされたマットを使っていれば統一感も有り目を引くこと間違いなしです!

よりオシャレな空間を演出するアイテムにもなりますので、フィアットユーザーの皆さん要チェックです!

Amazonで販売している「フィアット」のスマホ用滑り止めマット

Amazon | FIAT フィアット エンブレム 車用 滑り止めシート iPhone アイフォン スマートフォン スマホ 携帯電話 車用 滑り止めシート 滑り止めパット 滑り止めマット [並行輸入品] | ノンスリップマット | 車&バイク
FIAT フィアット エンブレム 車用 滑り止めシート iPhone アイフォン スマートフォン スマホ 携帯電話 車用 滑り止めシート 滑り止めパット 滑り止めマット がノンスリップマットストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

日本市場を制すれば世界を制すかも

日本は世界の国より速いスピードで少子高齢化そして労働者不足へと向かっています。
それと同時に日本型の経営から欧米型に切り替えた事で、残念ながら格差社会も進んでいます。

年末の日経平均株価が29年振りとかの高値だったとか、実は景気が良いとかいう話がありますが、多くの方にとって何の恩恵も感じる事が無いものだと思います。
しかし先ほど言った少子高齢化・労働者不足・格差社会というのはヒシヒシと感じているのではないでしょうか?

労働者の約4割が派遣労働者と言われている現状も有り、当然格差は生まれますよね?
また正社員であっても中小零細企業が多くを占め、改善が進む派遣共変わらない年収帯に入ってくるのではないでしょうか?

そうすると労働者の大半が所得が少ない事になっていき、それはこれからも低所得者の方が割合が多くなっていく事でしょう。

そうなってくると生活防衛のためにも、財布のひもはよりしまってきます。 自動車ユーザーにとってもこれは同じで、より最低限満たすものへとシフトせざるを得なくなる事でしょう。

どうしたってコスパを優先するというのは嫌でもそうせざるを得ないのです。 なのでより小さい在津への需要は増していきます。
ミニバンもSUVもカッコイイからを優先は出来ないのです。

その証拠に安定して売れていたミニバン(セレナやノア・ヴォクシーなど)の売れ行きは下がってきていて、更に小さいサイズの小型車になる(ソリオやシエンタ。タンク・ルーミー)などが販売を伸ばす状況へと変わってきています。

消費増税の影響もあるでしょうが、より無駄をそぎ落とさざるを得ないというのが実情でしょう。給料に余裕があればサイズは気にせず欲しいクルマに誰しも乗りたいはずですからね。
妥協がどんどん最低限のレベルまで低下しているという事になるのでしょう。

なので日本では軽自動車のシェアが4割を超えるところまで到達している大きな理由でしょう。

なので日本の市場動向は未来の先進国の姿でしょうから、世界的に見ても同じ道を歩む可能性が高いと思われます。

より最低限へこれが今後の自動車の鍵となる事でしょう。
まぁ年収が上がらない将来不安が消えないままなんですから、当然の流れなんでしょうが・・・・。

という事で今と近い未来の日本市場を制すことが出来れば、これから世界的に起こるであろう変化にもいち早く対応できる私はそう思っています。

やはり日本は世界にとっても、壮大な実験のフィールドたる市場になるかと。 日本メーカーはそれを生で感じながら仕事が出来るのですから、この経験を生かして未来に続く新しい企業へと進化をして欲しいものです。

まぁ我々もいろいろと変わらないといけませんけどね・・・・。 うまく流れに乗って賢く生きたいものです。

コメント