フェラーリ Ferrari スクーデリア プーマ コラボ  パーカー・フーディー

パーカー・フーディー

自動車ファン憧れのスーパーカーメーカー「フェラーリ」と「プーマ」のコラボ商品パーカー・フーディーの紹介です。

フェラーリファンそして自動車ファンの皆様必見ですよ!

フェラーリ×プーマ コラボ パーカー・フーディー

庶民では見るぐらいしかできませんが、スーパーカーの代名詞「フェラーリ」とプーマが世界の自動車ファンの為に世に出したコラボアイテムのパーカー・フーディーです。

跳ね馬が存在感をだしていて、自動車ファンだけではなくても注目してしまうようなデザインやファッションブランドにも負けないフェラーリのDNAがつまったデザインのものまで、フェラーリファンじゃなくても欲しくなってしまうアイテム達です。

シーンを選ばずに着れるデザインですから、これから皆さんのマストアイテムになること間違いなしのカッコイイ「パーカー・フーディー」になること間違いなしです。

この機会に皆さんもフェラーリ(跳ね馬)オーナーになってみてはいかがですか?  クルマはそう簡単には買えないですが、楽天でもアマゾンでも買えるフェラーリのカッコイイデザインのパーカー・フーディーを今年の冬は手に入れちゃいましょう!

楽天で買えちゃうフェラーリ パーカー・フーディー


PUMA フェラーリ SF フーデット スウェット ジャケット 2018 ブラック 762384-02


PUMA フェラーリ ストリート フーディー 2018 ブラック 577216-02


フェラーリ メンズ スクデット フード フルジップ セーター レッド


PUMA フェラーリ SF フーデット スウェット ジャケット 2018 グレー 762384-03


【公式】PUMA プーマ SF フーデッド スウェット ジャケット【メンズ フェラーリ トップス パーカー】2019年春夏 19SS


【公式】PUMA プーマ フェラーリ ビッグ シールド フーディー【メンズ フェラーリ トップス パーカー】


【公式】PUMA プーマ SF チーム テックフリース【メンズ フェラーリ トップス パーカー】2019年春夏 19SS


【公式】PUMA プーマ FERRARI RCT ミッドレイヤー【メンズ フェラーリ トップス パーカー】2019年春夏 19SS


プーマ(PUMA) フェラーリ T7 シティランナー 577821 01 RED (Men’s)


プーマ(PUMA) フェラーリ T7 シティランナー 577821 02 BLK (Men’s)

キッズ用です。  親子コーデをお楽しみください


プーマ キッズ モータースポーツ スウェット ジャケット PUMA 761655 フェラーリ LS ジップアップ パーカー | スポーツ ブランド ウェア コラボ グッズ トップス スエット SF Ferrari イタリア 赤 レッド 長袖 フルジップ フード ジュニア 子ども 子供 かっこいい おしゃれ

Amazonで買えるフェラーリのパーカー・フーディー

https://www.amazon.co.jp/Ferrari-%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AA%E3%82%A2-%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%AA-%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC-XL%E8%BA%AB%E5%B9%8563cm%E7%9D%80%E4%B8%8876cm/dp/B07PMRS9WS/ref=as_li_ss_tl?psc=1&SubscriptionId=AKIAJR2K3YVE6Q23LH3A&linkCode=sl1&tag=nsz795-22&linkId=ad8520a0e77f483991575d0e81685e7f

フェラーリの過去と未来

エンツォ・フェラーリによりイタリアで創業されたスーパーカーメーカー「フェラーリ」。 モータースポーツとスポーツカー創業以来フェラーリはこの両輪がシナジーを生み発展してきた生粋のスポーツカーメーカーです。

貴族や一部のモータスポーツ好きの富豪が主なオーナーでしたが、時を経て今ではいろんな世界で成功したセレブを魅了してやまない世界最高峰のスポーツカーメーカーであり続けています。 流石にどんなに頑張っても庶民では所有するのは難しいですよね。

今では多くのスポーツカーメーカーがありますが、フェラーリの様なモータースポーツあってのスポーツカーメーカーと言うのはありません。 フェラーリは唯一無二のスポーツカーメーカーなんですよね。

今でも世界でスポーツカーメーカーが生まれますが、あくまでスーパーカーを製造し販売するだけのメーカーなんですよね。 それが一般道では持て余すほどのパワーとスピードが出るマシンを作るというのは・・・・と最近ではちょっと思ってしまいます。

持つ意味があるかないかなんで結局一般道で持て余す力を有しているのは同じなんですがね。 ただそこにどうやって歴史を刻んでいくのかなとは感じます。 まぁ美術品などの芸術作品と同じ資産的な価値なんでしょうかね。

フェラーリは将来像というのはどう考えているのでしょうか? 化石燃料からの脱却は乗り切れるでしょうが、自動運転社会の到来はどう考えているのでしょう。

モータースポーツがよりプロスポーツ化すればフェラーリのノウハウが最大限生きるのでしょうが、それでモータースポーツ活動が中心のメーカーへとなるのでしょうかね。 それも上手くプロスポーツ化できればの話ですからね。

ただ人口が減れば野球やサッカーなどの人数の必要なスポーツから個人種目のスポーツに多くの選手が流れると言われているので、そういう意味ではうまくいく事もあるのかもしれません。

いずれにしてもこれから先のかじ取りは難しいものとなりそうです。

コメント