フォルクスワーゲン  フェイス・ハンドタオル

タオル

ドイツの最大手自動車メーカー「フォルクスワーゲン」のタオルの紹介になります。

フォルクスワーゲンユーザー・ファンの皆さん必見です!

世界ナンバー1自動車メーカー フォルクスワーゲン

アメリカから自動車の覇権を奪い取ったトヨタをも打ち破りナンバー1の自動車メーカーに君臨しているのが、フォルクスワーゲン(VW)です。

アウディやランボルギーニなどを傘下に収めグループとして真っ先にフルラインナップの態勢を築きナンバー1メーカーに上り詰めたのがVWですね。

今では多くのメーカーがグループ化をしていますが、そのはしりだったのではないでしょうか?
理由は今のグループ化とは違うかもしれませんが・・・・・。

不正問題で伸び悩む時期がありましたが、販売も上昇に転じとうとう復活をとげています。 巨大になるというのはやはりどうしても膿が溜まるものなのかもしれません。

さて今回はそんなナンバー1自動車メーカー「フォルクスワーゲン」のタオルの紹介になります。

Amazonで販売している「フォルクスワーゲン」のタオル



楽天で販売している「フォルクスワーゲン」のタオル


【 VW 純正 クーポン対象 】 ハンカチ タオル 綿100% 日本製 今治タオル フォルクス ワーゲン Volkswagen original design option【メール便 全国 送料無料】


【 VW 純正 クーポン対象 】 フェイス タオル フォルクス ワーゲン 綿100% 日本製 Volkswagen original design option

EVはトータルだとあまり環境に良くない?

先日VWが発表したEVに関するレポートが話題になっています。

というのも意外とEVは環境負荷が高いというのです。
最新のエンジン車よりもトータルでは環境に良くないというのです。

トータルというのは製造から通常の使用時そして解体までの車歴すべてになります。

当然ながら走行中は何も排出はしません。
問題は発電とバッテリーにあるというのです。

再生可能エネルギーの普及が進んでいるドイツにあっても、そのシェアは半分にも満たないまだ高くはない状況です。

日本の様に石炭など環境負荷が高い発電方法の方がまだ多いのです。 原発と一緒で使っている時だけはクリーンな状態というわけです。

そしてもう1つ。
使われているリチウムイオンバッテリーの製造そして排気にはコストと負荷が大きいのだそうです。

全固体電池の量産化に動いていますがまだ量産には至っていません。 
後の世では両方共に解決策は現時点でも見えていますが、現状では無理に進める意味は無いというのがVWのいうところなのです。

ここまで言われていた事なので、びっくりする話ではないのですが・・・・・。
ただこれを世界ナンバー1自動車メーカーのVWが発表したという意味は大きい気がします。

もし本当に急速に普及してしまった場合、発電不足になりまた環境負荷が大きい発電に頼らざるをえない国も出るでしょう。

それで意味があるのか?

ちゃんとメリットデメリットをみて進めた方が良いと改めて感じました。

コメント