フォルクスワーゲン VW ブルゾン・ジャケット・ジャンパー

ブルゾン・ジャケットジャンパー

世界ナンバー1自動車メーカー「フォルクスワーゲン」のブルゾン・ジャケット・ジャンパーの紹介です。

暖冬とか言っても雪が積もる程降ったりと、冬だから仕方ないとはいえ相も変わらず寒いシーズンです。 寒い日本ですからみなさんも寒さに合わせてアウターを何着かお持ちかと思います。

仕事用は仕方がないととしても、プライベートなどでは黒系ではなく明るめなアウターをお探しの方もいらっしゃるかと思います。 ただなかなかこれ!というデザインの物には巡り合えないものではないでしょうか?

ファッションブランドとは違った歴史の上にある自動車メーカーのDNAをもつアウターは、そんなオシャレなアイテムをお探しの方にとってもオススメなアイテムなんです。

フォルクスワーゲンのDNAをもつファッションアイテムもなかなかの一品ですよ!

特にフォルクスワーゲンオーナー様やファンの皆様には、VWエンブレムが存在感を醸し出すファッションアイテムと共にトータルコーディネイトをしてみてはいかがでしょうか?

クラシックモデルから最新の技術が投入された最先端モデルまで、多くの人気モデルがあるフォルクスワーゲンですので、歴代モデルと共にVWブランドのファッションアイテムを取り入れて今年の冬は一緒に時を過ごすのもいいのではないでしょうか?

今回は楽天とAmazonで販売している商品を紹介しています。 日本一のネットショッピングサイトですので、安心してお買い物を楽しんでいただければと思います。

 

製品一覧

楽天です

フォルクスワーゲン【VW】純正アクセサリー GTIコットンジャケット Sサイズ


フォルクスワーゲン【VW】純正アクセサリー Classic レディスジャケット XSサイズ


ベスト 中綿 メンズ 撥水加工 はっ水 フォルクスワーゲン ワッペン 2WAY Wジップ ダウンベスト VOLKSWAGEN S300905-08

キッズ用です

フォルクスワーゲン/VW フリースジャケット BEETLE/ビートル サイズ140 子供/キッズ用 純正品

ここからはAmazonです

VWフォルクスワーゲンDri Duckソフトシェルジャケット M DRG002587


VW 純正品 フォルクスワーゲン up! ウィンドブレーカー ユニセックス カラー:ホワイト/オレンジ サイズ:S


VWフォルクスワーゲンVarsity Hoodie M グレイ DRG012170


VWフォルクスワーゲンネオンEcho Hoodie 2X イエロー DRG012176-YEL


VWフォルクスワーゲンパフォーマンスジャケット – メンズ L グレイ DRG002595


VWフォルクスワーゲンGTIカラーブロックジャケット M DRG002972

 

 

 

フォルクスワーゲンの歴史

あのアドルフ・ヒトラーの提唱した「国民車計画」により、フェルナンド・ポルシェの手により設計された事で世に生まれたフォルクスワーゲン・タイプ1が原点となっています。

近代史においてとても有名なお二方あっての、誕生だったとは自動車メーカーの誕生の話としてはこれ以上ない衝撃的なストーリーではないでしょうか。

そして「フォルクスワーゲン」というのはドイツ語で「国民車」なんだそうで、本当にこれがスタートである事がメーカー名としても残っているのです。

日本メーカーのつける車種名とか現地語ではえ?っていうのもあるなんて聞きますが、他の国の言語が分からないというのは、恥ずかしいものでもありますよね。。  たまに外国の方がその漢字いうのをタトゥー入れていたりするのを見るのと同じ気分なんでしょうね。

さてさてそんなスタートでしたから、その後は当然ながら軍需向けが主力となりました。 その事で戦後は解体危機だったわけですが、いろんな縁でその後復興を遂げて現在では世界ナンバー1の自動車メーカーにまで上り詰めるとは流石に当時の人は予想したものではなかったでしょうね。

そのスタートから復興を成し遂げた象徴であり、現在でもシンボルなのがタイプ1からスタートした「ビートル」ですよね。

日本でもそのスタイルもあってとても人気のあるクルマですね。 現行モデルからクラシックモデルまで輸入車のなかでもこれほど多くの方を魅了し続けているクルマはそう多くはありません。

ですがそんなビートルも時代の流れには逆らえず、現行モデルで終了というのがフォルクスワーゲンからアナウンスがありました。

販売台数も大きく落ち込み当時の様な台数も期待できなかった事や、代替えエネルギーや自動運転などで多額の資金が必要となる事から、資源を集中させる狙いもあり生産停止を選んだようです。

ただフォルクスワーゲンの顔とも言ううべきクルマですから、とても残念ではありますね。 開発費も多くかかりますから仕方がないのでしょうがね。

コメント