フォード  バック・カバン

バック

アメリカの自動車大手「フォード」のバック・カバンの紹介になります。

フォードユーザー・ファンの皆さん必見です!

現代につながる大量生産の礎を築いたのが「フォード」

現代そして未来にもつながる大量生産工程の礎を作ったのがフォードです。

爆発的に売れたT型フォードを大量に生産する為に考案されたのが、ベルトコンベヤーを用い専業で作業させることで効率を上げるなど現代に通じる大量生産方式が開発されました。

自動車のというよりも製造業にとっての転換点をつくったのが、ヘンリー・フォードという事ですね。

すっかり廃れてしまったアメリカの自動車産業の歴史の中でも、燦然と輝く偉大な功績です。

自動車史始まって以来の変革期を超えた時にどうなっているのかは未だ想像もつきませんが、すんなりと今のままスライドする事はないでしょう。

今回はそんなアメリカの自動車大手「フォード」のバック・カバンの紹介になります。

楽天で販売している「フォード」のバック・カバン


Go Boxes Ford Oval Canvas Bag フォード オーバル キャンバス バッグ・アメ車・アメリカ・USA・ボストンバッグ・鞄・カバン・エンブレム

大量生産は自動化で更なる高みへ

すでに自動車の組み立てラインの大部分が機械による自動化が進んでいます。
そして残りの部分も徐々に人から機械へと変わっていく事でしょう。

トヨタなんかは技術の伝承があるのであえて人の手による作業を残しているのだそうです。
それだけ現時点においても自動化技術は大量生産品に関しては相当進んでいます。

ただ現状では自動車のように単価の高い製品か逆に安い製品の製造が自動化が進んでいるという感じを受けます。

この現状もコロナ後の世界では大きく変わろうとしています。
こうした大量生産品には人手を使わず効率を求め自動化による生産が主流になるでしょう。

変わりに人は機械やAIでは不可能な作業やプランの作成など、開発や新規のように生み出す方の人材が求められるようになっていくのでしょうね。

生産の現場に残れるのはメンテナンスなども含めて手先の器用さなどが求められていくのでしょう。

労働者にとっては製造の仕事は徐々に失われていくわけですが、それが次の大量生産方式の転換点となる事でしょう。

コメント