フォード マスタング パーカー・フーディー

パーカー・フーディー

アメリカの自動車大手「フォード」そしてフォードの人気車「マスタング」のパーカー・フーディーの紹介です。

フォード・マスタングファン・ユーザー様必見ですよ!

アメリカビッグ3の一角 フォード・マスタングのパーカー・フーディー

現代の自動車産業を語る上で外せないのがフォードです。 大量生産・アフターサービスなど現代の自動車メーカーの礎はフォードから始まったものなのです。

それから長くビッグ3の一角として世界に大きな影響力を与えていたのです。 今となってはトップ3からも転落するなどしていますが。

そんなフォードとフォードを代表する1台マスタング(野生の馬)をモチーフにしたデザインが光るマッスルカーとしても人気が高いクルマがデザインされたフォードファンじゃなくても欲しくなるパーカー・フーディーとなっています。

フェラーリとの確執から誕生したなんて話もあるこのエンブレムも今となっては歴史を感じる1つとなるのではないでしょうか?

着回しができるシンプルデザインのものが多いので、冬は寒く夏は暑い日本でも長い期間マストアイテムとなってくれるパーカー・フーディーとなってくれること間違いなしです。

フォードファンだけでなくアメ車やマッスルカーファンの皆さんもぜひ覗いていってくださいね。

楽天で販売しているフォード・マスタングのパーカー・フーディー


お取り寄せ NCAA 南メソジスト大学 マスタングス パーカー/フーディー サーマ ロゴ ナイキ/Nike レッド

 

Amazonで販売しているフォード・マスタングのパーカー・フーディー

Amazon.co.jp: フォードPowerstrokeパーカーフード付きスウェットシャツシャツ長袖プルオーバーディーゼルギアXLサイズXL: 車&バイク
Amazon.co.jp: フォードPowerstrokeパーカーフード付きスウェットシャツシャツ長袖プルオーバーディーゼルギアXLサイズXL: 車&バイク
Amazon | 2010 – 14フォードマスタングCoupeクラシックデザインスウェットシャツパーカー カラー: オレンジ | トレーナー・パーカー 通販
トレーナー・パーカー(メンズ)ストアで2010 – 14フォードマスタングCoupeクラシックデザインスウェットシャツパーカー カラー: オレンジなどがいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Bitly
Amazon | フォード・マスタングThe Legend Lives Hoodie Licensedフォード・デザインスウェットシャツ US サイズ: 5L カラー: ブラック | トレーナー・パーカー 通販
トレーナー・パーカー(メンズ)ストアでフォード・マスタングThe Legend Lives Hoodie Licensedフォード・デザインスウェットシャツ US サイズ: 5L カラー: ブラックなどがいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。
Amazon.co.jp: Colosseum ユース SMU Mustangs プルオーバーパーカー Small (8/10) with Name Embroidered ブルー: スポーツ&アウトドア
オンライン通販のAmazon公式サイトなら、Colosseum ユース SMU Mustangs プルオーバーパーカー Small (8/10) with Name Embroidered ブルーを スポーツ&アウトドアストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無...

フォードとアメリカ車

ビッグ3と呼ばれた姿は今はあまり感じませんが、かつては世界を制覇した3つの自動車メーカーのうちの1つです。

ただ日本では以前から人気を獲得する事はありませんでした。 唯一それなりの人気があったのはSUVですね。 アメリカでは小さいサイズでしょうが、日本ではそれなりの大きさですからクルマ1つでアメリカの大きさというのは肌で感じたものです。

ただ日本では市民権を得なかったアメリカ車ですが、本国アメリカでは相変わらず他の地域とは合った文化の持った国で居続けています。 先進国としてはなかなか面白い文化な国ですよね。

相変わらずトラックが上位にいる市場というのは恐らく他にないでしょう。 フォードも変わらずアメリカではベストセラーのトラックがあるんですから面白いものです。

先進国というより国土が広ければこういう文化になるのが普通なのかもしれませんね。 全てが道がいいわけではないでしょうし、人口の多い都市部だけに人がいるわけではありませんから独自文化になるのかもしれません。

しかし自動運転や次世代エネルギーとなった時はこの国の自動車文化というのはどこに向かうのでしょうか?

小型化が進むと言われていますので、この国はどうなるのでしょう。 それも跳ねのけて進むのでしょうかね。

ここまでは独自できた部分が多々ありましたが、ここからはそうもいかない世の中になるのでこの国の未来というのはどう移ろうのか?そういう意味でも興味深い国ではあります。

コメント